BROTURES YOKOHAMA WORK SHOP!!!!

_MG_1541

 

全てのピストバイクフリークの皆様へ。

ピストバイクを買ってみたけど、買った以来メンテもしていない、カスタムしてみたい、故障しちゃったけどそのまま仕方なく乗ってる。

そういう人、いませんか?

そんなお客様は是非ともBROTURES YOKOHAMAへフラッと遊びにきてみて下さい!

メカニックの手により、お客様の愛車を丁寧に隅から隅までチェックさせて頂き、必ず帰る時にはアップグレードした状態で乗って帰ってもらえます。

実際に、個人的な意見ではありますけど、ピストバイクは買ってからの方が大事だし、面白いツールだと思っています。

バイクや車と比べ比較的、安価で手に入るし、カラーバリエーションも豊富。そして少しいじっただけで全く別のものへ生まれ変わってしまう。

それもピストバイクの楽しみ方の1つですよね。

ピストバイクだからといって、スキッドせずとも、長距離乗らずとも、楽しめる方法はお客様次第で無限に広がります。

_MG_1542

721TRにフロントサスペンションを入れてカスタムしている様子。

枠に捕われずに楽しむというスタンスって本当に大事ですよね。

これは自転車だけに限らず、音楽だって料理だって建築だって、何かを創りあげるという事にとってはとても重要な事だと思っています。

_MG_1543

 

BROTURESでは自転車専用工具を完備していますので、どんなご要望にも対応出来るようお客様をお待ちしております。

_MG_1544

 

また、忘れがちであるフレームの下処理も当店で販売している車体には全てしてありますし、されていない方は下処理のみでも承っております。

大事なピストの精度を180°変えてしまう下処理は、絶対に必要な工程と言っても過言ではありません。

参考までに下記をご覧になってお考え下さい。

 

[フェイシング]

BBフェイス部分は塗装が乗ったままなので、その塗装の厚みが原因でBBシェルの幅が狂ったり、取り付けの際に塗装が邪魔になって真っ直ぐ取り付けられない。そういったトラブルを防ぐ為に行っております。

[タッピング]

BBタップがけを簡単に言うとBBのネジの凹凸を作ることもしくは、凹凸を綺麗にすることです。こちらも精度に影響して来る部分になりますのでお勧め致します。

[リーミング]

リーミングは、チューブ内(筒の内側)を適正なサイズで真円に削る処理です。今後いくらいいヘッドパーツを入れた所で、ここの精度が悪いと意味が無くなってしまうのでお勧め致します。

以上が下処理のご案内になります。

 

お時間のある方はBROTURES YOKOHAMAへ遊びにきてみてください。

比較的17時以降の時間が狙い目です!!

ピスト仲間も当店に来てくれればすぐに出来ますので、是非ともご来店をお待ちしております。

 

045-413-7875

yokohama@brotures.com

 

YUSUKE

FOLLOW

Related Articles