手組みホイール近況報告

2018.11.24
Osaka

先週末は連休を頂きまして友達とピストを持って福岡に旅行に行って来ました。
持って行った割に大して乗ること無く、美味しい物を食べまくりました。

で、大阪に戻り出勤すると有難い事に手組みホイールのオーダーがたまってました。しかも大体が前後揃ってのオーダー。
順番に組んでいってますが、皆さん良いパーツを使ってくれてるなぁと感じますし変わったオーダもあったりとやり甲斐がありますね。

オーダーして頂いた物で組んだ物を紹介。
AT-25 × RAKETA


もうこの組み合わせも手組みの定番となりつつありますね。
手頃に、軽く、しっかりしたホイールができるんでオススメの一本になって来ます。
RAKETAのハブも今は在庫が減って来てますが、欲しいホール数、欲しいカラーあるならば一度ご相談下さい。
お時間頂くとは思いますが、結構懐広く対応してくれるのもRAKETAの良い部分です。

BELGIUM × PHIL PRO TRACK


この組み合わせはアルミでの手組みでは最上級かな。
硬く、精度の高いリムに超丈夫なハブ。

それに加えて、肉抜きされ軽量でベアリングも高回転な物が標準で付属。
粗探ししようにもできないのがこの組み合わせになってくるのかなと。
スポークはSAPIM CX-RAY。

この組み合わせでのオーダーが2セット。
両セットともハブ、スポークの種類・カラーだけで無く、フロントがラジアルでリアがタンジェントと組み方の指定まで同じ。
珍しい事もあるもんですね。

ZIPP 303 × DT SWISS


遠方からわざわざオーダー頂きましたのがこのホイール。
元はロードホイール
それをバラしてDTのトラックハブにて組み替え。
写真ではわかりませんが、ベアリングもBOREDに打ち替えまして、スルスルでございます。

あと常々感じますが人気ですよね、ZIPP
ZIPPの組み替えは本当に多い。組み替えるやつは年代的にほとんどが少し前の時代の物。
年代によっては組むよりリムの掃除に時間かかったりする物もあったり、組む上で気をつけるとこあったり癖強め。
おかげさまでZIPPの年代物に多少なりと詳しくなれた自分がいます。

こういったロードホイールの組み替えだってやりますので、その辺もご相談いただければと思います。

藤本の競馬予想

はい、前回の結果から。
ハズレ
しっかり外しました。
先週はブログを書いてないので予想は載せてませんが先週もハズしました。
えぐい。
11月えぐい。

今週のレースは 東京 11R ジャパンC(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓


一番賞金額の高いレースがジャパンC。
最強牝馬のアーモンドアイがダントツ人気。そこに僕の好きなサトノダイヤモンドも出て来ます。
このレースはまじで楽しみ。
とりあえずサトノダイヤモンドとシュバルグランのワイドはもう今の時点で買うと決めてます。
シュバルグランそろそろ来ますで。ええ。
来て欲しく無い馬はキセキ。

フジ

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

下の↓↓↓のバナーをクリックですぐにが連絡していただけます!!

↑上↑のバナーから「#ブロサカホイール」に飛べます!
BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台