手組み近況報告

2018.12.01
Osaka

今週も先週に引き続きたくさんのオーダーを組ませて頂いております。
先週は定番系で所謂正統派な感じでしたが、今日紹介するのは変化球な感じのホイール達。
それぞれに個々のこだわりがあって組む僕としては面白かったですね。

AT-25 × PHILWOOD

まず珍しいのが、このオーダーをしてくれましたのがご夫婦ってとこ。
仲が良いなぁとか、そんなの羨ましいなぁとか、俺も彼女欲しいなぁとか考えてました。
ちなみに今年はもう諦めたんで来年。これ言い続けて四年半経過中ですが。

話を戻して、二人ともお揃いでリアをモランボン組み
よく見てもらえると分かるのが、ニップルにも変化をつけて、赤色へ。
こういったオーダーって案外無いんで、新鮮。
ニップルにカラーを入れるのってのも出来ますんで頭の片隅にでも置いといてください。

SL-42 × GRAN COMPE


こちらはオールシルバーなカスタム。
フロントはタンジェント、リアをモランボン。
なんだかんだモランボンって需要感じますね。なんでかモランボンのオーダーって固まってくるから不思議。
俺の指潰しに来てます。
このリムとこのハブの組み合わせは昔も今も変わらず良いと思えますね。長年使って頂けるホイールです。

AT-25 × GREDDY LIGHT


この組み合わせはハブのカラーが冴えます。
カッチリ軽量なリムに高回転なGREDDY。この前インスタライブでもちょろっと紹介しましたが、ハブ単体での回転性は最強。
もうカラー物の在庫も少なくなって来ているGREDDY。どうせなら一個くらい所有しときたいと思わせてくれるハブだと僕は思います。

F-55 × BRO PHIL LIMITED


何度かブログにて紹介しているこのハブ。
やっとお客様のとこに嫁いでくれました。
しかもリムはF-55と僕らのオススメする組み合わせで。
前後でオーダー頂きまして、フロントラジアルのリアは僕自身でもやってる異本組みにて。
こんなオーダもらうとよくブログとか見てくれてるんだろうなぁて勝手にありがたさ感じます。

手組みのオーダーって顔も会わせたことない人からオーダーくる事だって結構あります。
それはそれでわざわざ僕らを頼ってくれてありがとうございます。な気持ちです。
ただ、オススメしまくっている物が仲良くしている常連さんとかに渡ると違った嬉しさも上乗せであるんで組み甲斐もあります。
今回のGREDDYのオーダーとかBRO PHILのオーダーとかまさにそんな感じ。大切にしてくれるだろうってのが分かってるからね。

要は何度でもオーダー下さいって事です。
お待ちしてます。

藤本の競馬予想

はい、前回の結果から。
ハズレ
このレースやばかったですね。
アーモンドアイやばすぎます。世界レコードですよ。速すぎる。
でも2着のキセキはかわいそうでしたね。日本レコード叩き出しながらの2着。
しかも僕的に一番来て欲しくない馬がキセキだったんで最悪。

今週のレースは 中京 11R チャンピオンズカップ(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓


自分と相性の悪い福永を本命の軸馬に。
サンライズ二頭にも期待はしてますんでそこのワイドでも買おうかな。
ルヴァンスはできればとんで欲しい。

フジ

ご相談はお電話でもメールでもお気軽にどうぞ。

下の↓↓↓のバナーをクリックですぐにが連絡していただけます!!

↑上↑のバナーから「#ブロサカホイール」に飛べます!
BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台