KAGEROの魅力。

-BROTURES KICHIJOJI-

本日は先日発売されたばかりのTYRANT KAGEROのフレームを使ってのカスタムバイクをご紹介。

ちょっとその前にKAGERO(カゲロー)というモデルについておさらいを。
今でこそよく見られる前下がりの”パシュート形状”を特徴としたフレームとして2011年にファーストモデルが登場し一世を風靡しました。

KAGERO 1st MODEL 2011

このモデルはピストブームの火付け役でもある”Macaframa”メンバーのJason Yimが愛用している事でも知られています。

このモデルは原宿店の店長の愛車でも知られています。

そして2013年待望の2ndモデルとして2カラーでの登場を果たします。

KAGERO 2nd MODEL 2013

この2013年モデルはオークションなどで高値でやりとりされる事の多いモデルですね。
今までに何度か吉祥寺店に入荷しましたが即売り切れとなる人気のフレームとなっています。
BROTURESでは大阪店のジュンキ君、そして自分が乗っているフレームですね。

そしてその2年後の2015年3rdモデルとして進化したKAGEROが登場しました。

KAGERO 3rd MODEL 2015

725TRや735TR同様フレームのヘッドチューブをテーパーヘッドにする事により飛躍的に剛性や強度を向上させたモデル。
これは横浜店のアダチ君、大阪店のメインメカニック鳴海さんが愛車として使用していた事で知られています。
※写真は当時の鳴海号、スペック半端ねえ。

そして時を経て2019年、ブランドネームを変えて大幅なスペックアップを果たし登場したNEW KAGERO
従来のKAGEROをベースに素材自体の見直しを始め、より強度を高め、より軽量に作られています。


TYRANT KAGERO CUSTOM BIKE/¥275,000+TAX
フレームセット/¥120,000+TAX
ノーマル完成車/¥205,000+TAX

今回は吉祥寺店ならではの通常取り扱いのないパーツを随所に散りばめたカスタムバイク。
現在BROTURESで取り扱うアルミ製のフレームの中ではずば抜けて軽い重量を誇る”KAGERO”
前モデル同様横浜店のアダチ君、そして大阪店のメインメカニック鳴海さんが愛車として乗っています。


BROTURES YOKOHAMA KAGERO by ADACHI


BROTURES OSAKA KAGERO by NARUMI

乗り手によってそのカスタムは様々。
これから載せ替えや乗り出しを検討されているお客様は是非お気軽にご相談下さい。
KAGEROに関してはいつもよりちょっと熱が入り気味、それはどの店舗のスタッフも一緒だと思います。

それでは本日も店頭にてお待ちしております!!


FOLLOW

Related Articles