”わかってる”1台。

通販からオーダーをいただいた1台がボク好みなカスタムだったので勝手にバイクチェックしちゃいます。
ベースとなったのはかねてからご予約をいただいていたDOSNONENTAのLos Angels。

DOSNOVENTA LOS ANGELES “SANTA MONICA” COMPLETE BIKE

パッと見は完成車とそんなに変わらないけど、どこをカスタムしているのでしょう?
1番わかりやすいのはブレーキレバーですかね。


SRAM S500 Brake Leaver
このシングル用のブラケットレバーも最近はご用命をいただく機会が増えてきました。
昔はブレーキは付けたくないけど、仕方なくできるだけ目立たないように付けている人が多かったのですが
近頃はシングルスピードのバイクとして楽しまれる方も多くなってきた証拠ですね。
ブレーキとしてはもちろん、一番力の入るポジションでのグリップとしても役立つのでスピード狂にはオススメですよ。


SHIMANO BR-R7000
次にブレーキつながりでキャリパーもグレードアップ。
去年に一新されたSHIMANOの105シリーズのブレーキをチョイスしました。
確かな剛性と上位グレード譲りのエアロ形状、シャープなデザインが特徴です。
ストップ&ゴーを繰り返す街乗りならブレーキ性能を蔑ろにするのはもったいないと思うのです。


CONTINENTAL GRAND PRIX
コンチのグランプリシリーズは4000SⅡがあまりにも有名ですが、こちらはその原型というか廉価版的な立ち位置。
それでも上位モデルに採用されているブラックチリコンパウンドを採用しつつ、価格を抑えているのでコスパの良いタイヤです。
タイヤは唯一地面と接するパーツなだけに、よく転がってくれるとめちゃくちゃ気持ち良いのでお試しあれ。


PHILWOOD OBB Alu
そして最後はTHE目立たない縁の下の力持ちパーツのBB。
地味に不可のかかる部分なだけにステータスを耐久性に全振りしているPHILWOODをボクらもファーストチョイスでオススメしがちです。
この控えめに主張する美しいアルマイトカラーを目にすると「わかってるなあ」と毎度うっとりしてしまいます。

今回は通販でのご購入だったので直接お客様とお話はできませんでしたが
恐らく自分のライフスタイルスタイルとどんな風にピストを乗りたいのかをよくわかってるんだなあって感じるカスタムでした。
通販のご注文を毎日いただいていると、そのお客様のライフスタイルが垣間見える瞬間があります。

ご遠方にご納品しちゃったらボクらはなかなかそのバイクを目にする機会はありません。
どんな風に乗ってて、どんなところを走ってるんだろう。できればその経過を知りたいです。
よかったら皆さんのインスタやツイッターなどのSNSで#broturesのハッシュタグで愛車を投稿してもらえると嬉しいです。
ボクらも見つけやすいし、琴線に触れるお写真があればお店のアカウントでもご紹介させていただくかもしれません。
結構それを楽しみに仕事してるところありますから。笑

toshi

友だち追加

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles