How to skid

[vsw id=”38203563″ source=”vimeo” width=”600″ height=”400″ autoplay=”no”]

winton motor racewayで行われた「Winton Drift Matsuri 2012」の映像です。

何百万もかけた高価な車体をブンブン振り回してコースを縦横無尽に駆け回るマシン達。

いわいるドリフト走行をピストでやるのが「Skid」

せっかくBROTURESで買って頂いたなら、ピストトリックの入り口でもあるSkidに挑戦してみて下さい。

 

まず最初に比較的勇気さえ出してしまえばすぐ出来てしまうロングスキッドから。

もともと、リアホイールとリンクしてクランクが回るピストですから、いきなり止めるなんてまず不可能だと思いますよね?

けどステムとハンドルにその止めるタイミングで全て体重を預け、後輪にかかってる荷重を一気に抜いてあげれば、地面との抵抗が無くなるので自然と滑る。

、、、文面で表すとこんな感じになってしまいますので、画像をご覧下さい。

20070319231054

 

ロングスキッドは難易度で言うと★★☆☆☆

まず①のように骨盤をハンドルに押し付けるようにして、ステムの付け根に全ての体重を預ける様なイメージ

そして②ですが、足が一番伸びている、つまり時計で言うと8時〜9時のところで突っ張り棒のようにしてペダルを止めます。

最後に③で荷重を一気に抜きタイヤを滑らせます。

 

まあ、①②③はほぼ同時のタイミングなので順番はどうでもいいのですが、このポイントのみ抑えてくれれば出来るはずです。

これが出来ると、スキッドの楽しさを理解してくれると思うので、まだ挑戦していない人はチャレンジしてみて下さい。

 

あとないので前後ブレーキはしっかり付け、周りの安全を確認した上でやりましょうね!

 

ピストは滑らせるだけではなく、やろうと思えばこんなことだって出来てしまうみたいです。

[vsw id=”pddFkjnVFvo” source=”youtube” width=”600″ height=”400″ autoplay=”no”]

すごいですね笑

 

トリックが出来たよ!

こんなトリックやってみたいけどやりかたがわからない!

そんな人はBROTURES YOKOHAMAまでお越し下さい!

電話でも教えさせて頂きますので、お気軽にお問い合せどうぞ〜

045-413-7875

yokohama@brotures.com

 

YUSUKE

FOLLOW

Related Articles