LEADER BIKES 721とCUREの魅力、2台の違いとは?

2019.03.07
Osaka

LEADER BIKERSのエントリーモデル(入門モデル)は2種類です。

「721TR」「CURE」です。

入門モデル、価格の低いモデルといっても10万円。

自転車で10万円ってかなり高価なのはこちらも承知の上。

ただ、初めて乗る自転車だからこそ品質の良いものに乗って欲しいです。

もちろん某ネット通販サイトの・A○azonとか・ヤ○ーショッピングなどで2万円〜ほどでかえちゃいます。

仮に初めて買うバイクが無名、または有名でないブランドの安価なバイクを購入して

・すぐ壊れる・快適でない・見てもらう、点検してもらうお店がない

みたいなことになると、その時点で「自転車おもんな」ってなっちゃって自転車ライフは楽しめません。

初めて購入するバイクこそエントリーモデルでもいいので良い物買って下さい!

実はBROTURESが扱う「LEADER BIKES」

生涯保証が付属しており、始めてのピストにはもってこいな1台じゃないですかね。

思い入れの強い、はじめての1台が一生乗れちゃうなんて素敵な保証です。

もちろんメンテナンスもカスタム相談でもなんでも言って下さい!


前置きが長くなりましたがタイトルにもある2台の特徴をご紹介。

まず、共通する点ですが、

・価格は10万円

カーボンフロントフォーク

・ダブルバテットチューブ採用アルミフレーム

ざっとこんな感じ。


車体のルックスはこちら

LEADER BIKES 721TR Complete ¥100,000-(+TAX)

LEADER BIKES CURE Complete ¥100,000-(+TAX)

全体的なルックスの違いとしては

ホリゾンタルの「721TR」、パシュートの「CURE」。

トップチューブ(またがる箇所のパイプ)が

地面に対して平行なのが「ホリゾンタル」

進行方向に対して前側が下がってるのが「パシュート」って言います!

パシュートはピストバイク特有な形状で、ロードやクロスバイクにはない形です。


あとはハンドル。

721TRはレーシーな感じにドロップハンドル。

CUREはストリートっぽくライザーハンドルが標準で装備されてます!

「721TR」

「CURE」

他のディティールも比べて見るといろいろと違います。

・ヘッドチューブ

「721TR」

「CURE」

シートチューブ

「721TR」

「CURE」

わかりやすい違いはこんなものでしょうか?

動画でもわかりやすく説明してるので要チェックです!

https://www.youtube.com/watch?v=9hO_PI0jhbY


フロントフォークにはカーボン素材を採用。地面からの振動も吸収してくれます。

ヘッドセットに関しても上位モデルの735TRなどと同じ、ゴミや水が入りにくい

良い物がそうちゃうされています!フロントフォークも一緒です。

じつは721TRはフラッグシップモデルの735TRと設計がかなり近く、

CURE はフレームセット売りしかしていないKAGEROのデザイン、ジオメトリを落とし込んだモデルです。

エントリーモデルだからかっこ悪いとか、物が良くないとかではなく、

パイプの太さや素材は違いますが、しっかりとハイエンドモデルの良い所を受け継いで

エントリーモデルでも極力、上位モデルの乗り心地に近づけれるような設計になってます!


CURE、721TR、735TR、KAGERO、4台とも試乗車もご用意しておりますので、

一度乗り比べてみませんか?平日などのんびりしている時間だと

スタッフも一緒にブラっとプチサイクリングできますので。。。!

ご来店お待ちしております!

YUKI

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台