スタッフ目線で選ぶコンセプトバイク「通勤・通学」

〜adatchの場合〜

スタッフ目線で選ぶコンセプトバイク「通勤・通学」
第3弾は自分adatchがご紹介させて頂きます。

ちなみに第1弾のTOSHIくんはこちらから。
第2弾のYOSHIEはこちらから。

知っている方は知っているかと思いますが自分は基本通販を対応しており、ずーっとパソコンの前に座っているお仕事でBROTURESでは比較的ありえない、座りっぱのお仕事をさせて頂いております。

 

さて本題に戻って、スタッフ目線で選ぶコンセプトバイク「通勤・通学」ですが、やっぱり一番良いのは実際に自分が通勤に使っている自転車が理想になるのでほぼほぼバイクチェックに近い感じになっちゃうんですけどご了承ください。笑

出身は都内ですが、BROTURESに入って約4年?5年?になりますが通勤距離の遠さから、横浜に引っ越し、今では片道6km程度の通勤をこのLittleWingで走っています。(オーバースペックってツッコミは無しでお願いします)

 

Frame Set : No.22 Little Wing Frame set ¥370,000~

アメリカ、ニューヨークに拠点を置くハンドメイド、チタニウムフレームのメーカーになります。
Titanium(Ti)は元素の周期表で22番目。ブランド名はここから来ています。
めっちゃどうでも良いですが今アメリカで行われている、NAHBSに今年も参加しているイケイケなNo.22

 

トラックフレームに限らず、スポーツバイクのフレーム素材の主流のアルミやクロモリ、カーボンに比べてチタンの性質こそ自転車に非常に向いており、金属フレームに乗っている事を忘れてしまうような快適性に加え、高い剛性も兼ね備えています。
チタンの耐久性などに関しては数度ご紹介しましたが、乗り始めて早2年。びっくりするぐらいに傷が付いていない状態です。

※自分は結束バンドでブレーキアウターを固定していますが、 LittleWingオーダーの際はインターナル(アウターをトップチューブの中に通す)も可能です

面白いぐらいにユーザーが増えていった NITTO for SHRED BAR+Champグリップの組み合わせが個人的には最も好きで、ライザーあるあるだと思うんですけどグリップって身がボテっとしちゃうんでせっかく綺麗なライザーバーのバランスを崩しがち。
ちなみにハンドル幅はノーカットの650mm。気持ち初めは広く感じますが、慣れれば街乗り最強なんじゃないかなって思ってます。

 


ホイールはTOSHIくんからほぼ借りパク状態の BROTURES F35 + Philwood Low Flange Track Hub の組み合わせ。
ZIPPやOPENPRO UST x PRO TRACK等もたまに使いますが、重量などのことを考えるとこれが理想。しっかりと進んでくれて、全くもって文句はないです。
フルブラックにできるっていうのもFリムの良いところ。

 

と、完全にやりすぎな1台ご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
ぶっちゃけ通勤に使えて、快適に、かつ早く移動できて、自分の自転車に満足できればいいんじゃなかなって思います。
ここまでちなみに第1弾こちら、第2弾こちらとご紹介してきてスタッフが違えば、方向性も、組み方も、何もかも違うのがわかると思います。

自転車通勤/通学するメリットは正直かなりあります。実は自転車のほうが電車よりも圧倒的に早いとか。鬱陶しい満員電車に乗らなくて済むとか。定期代がかからないとか。デメリットは雨の日に気分が落ちることぐらいですけど。笑

これから自転車にとっては最高の季節になります。シーズンインと共に自転車通勤初めてみませんか?

 

adatch

友だち追加

ご予約、お問い合わせに関しては、下記のテンプレートを使ってメールを送って頂くか、お電話を頂けたらと思います!
→ご予約はこちらから←

■希望車種
ブランド:
モデル:
カラー:
サイズ:
■希望カスタム
■納車方法(店頭・発送)
■お名前
■ご住所
■ご連絡先

下取り+ローンの合わせ技で賢く新車が購入出来ます。詳しくはこちらのブログから

yokohama@brotures.com
045-413-7875
[BROTURES YOKOHAMAまでの道のりブログ]

imgres insta-logo imgres-1

FOLLOW

Related Articles