AFFINITY CYCLES METROPOLITAN

アメリカはニューヨーク発”AFFINITY CYCLES”(アフィニティーサイクルズ)
フレームの名前は”METROPOLITAN”(メトロポリタン)

この細身のシルエット、実は日本の競輪フレームを元に設計
現地ニューヨークのメッセンジャーから、本格的なレースでも需要の高い一本です。

さらにこのメトロポリタンは、ピストフリークを魅了する『Premium Rush』という映画でも
主人公が乗っているフレームです!

まさにフレームの名前の通り、ニューヨークの大都会を駆け抜けてますね!

今回はそんなメトロポリタンをクラシックに組み上げてみました。

そしてクラシックと銘打ったこのカスタムで注目して欲しいのが、このサドル。

BROOKS B15 SWALLOWCHROME ¥24,600(+TAX)
“BROOKS”というイギリスのブランドで創業はなんと140年。CINELLIをも超える老舗中の老舗。
このサドルの強みはシート部分が革で構成されており、自分のお尻に合わせて
革が伸びて”自分だけのサドルに育つ”という所に定評があります。
お尻が痛くて悩んでいる、、、という方も、一度着目してみてはいかがでしょうか?

SUGINO75 CRANK SET ¥31,000(+TAX)
お次に自転車に動力を伝えるパーツ、クランク。
その中でも僕が一番おすすめしているのが”SUGINO 75″
歴史的名作といっても過言ではないぐらいに精度がよく、競輪でも選手たちが挙って愛用するほどです。
個人的にはアームが非常に硬く、動力を伝える上で力のロスがない、、、
と難しく語っているように感じますが、100漕いだら100進む、非常に素直なクランクだと思っています。

ハンドル周りは街乗りで車のすり抜けなどを意識し、短めのNITTOライザーバーをインストール

NITTO B260AA ライザー ¥3,500(+TAX)
手前への角度、ハンドルの高さ、そしてハンドル幅と、まるで痒い所に手が届いたようなフォルムは
初心者から上級者まで愛用するほど。

そしてステムはカスタムブログではもはや常連のTHOMSON X2をカスタム。

Thomson x2 STEM ¥10,000(+ TAX)
強度はダウンヒルマウンテンバイクでも使われている程。
さらには軽量と一石二鳥なこのステムは、コストパフォーマンスにも優れていて
お財布にも優しい。

今回ご紹介したカスタムバイクは現在店頭にて展示しているのでお近くの人は是非ともご覧くださいませ。
もちろんカスタムだけでも大歓迎ですのでお気軽にご相談ください。
なお通販でも購入が可能で、パーツも分割払いが可能になりました。
気になる方はスタッフが親身にお答え致しますのでお尋ねくださいませ。

バイクローンの詳しい内容に関しては→前回ブログ←をご確認ください。

◼︎BROTURES HARAJUKU◼︎
在庫状況/ご注文のお電話はこちらをクリック
店舗へのお電話はこちらをクリック
メールはこちらをクリック

KIYO

FOLLOW

Related Articles