コンセプトは「ツウっぽさ」

かなり久々にカスタム車体のブログ書きます。どうもフジです。
それの為に「自分ならこう組む」的な組み方でホイールから組んでみました。

コンセプトは”ツウっぽさ“。
はい。見ていきまっしょい。

Cinelli Vigorelli Track Steel 2019 Frame set ¥105,000-(+TAX)

Cinelli Vigorelli Track Steel 2019 CUSTOM BIKES ¥272,000-(+TAX)

<a
カスタムのベースとなるのはCinelli Vigorelli Track Steel 2019。
フレーム素材がスチール。フォークがフルカーボン。
今この仕様のバイクは増えてますね。
アルミともクロモリとも違った乗り味でして、CINELLIが現在出しているフレームの中で一番好きなフレームです。

そしてこのフレームは組む際の幅が広い。、、、、、、、と僕は思ってる。
オールブラックパーツで組むのはかっこいいんだろうけど僕はどうしてもそこにつまらなさを感じてしまいがち。

コンセプトのツウっぽさ出すにはカラーとか手組みホイールとかね。
なので入れました。
H-PLUS AT-25 × CYCROC ¥19,000-


手組みホイールでの価格帯としても安く、完成車とかのホイールに比べれば軽く、回る。
せっかくフレームから組み上げるなら価格抑えても手組みは入れてみて欲しい。

ハブはなんでこのカラーなんだ?ってなるようなカラーですがこういった部分での遊び心は個人的に大切。

MICHE PISTARD 2.0 ¥29,500-(+TAX)

クランクはやっぱり最初からいいのつけて乗って欲しい。
ダイレクトクランクでシルバー系のチョイスとなるとこのクランクになります。

VITTORIA CORSA ¥7,800-(+TAX)

ホイールの価格は抑えてタイヤに力入れるスタイル。
タイヤ一つで走り心地大きく変化しますからね。

FABRIC SCOOP ¥13,000-(+TAX)

サドルは僕の場合FABRIC一択。
あなたのお尻の痛みをしっかり解消してくれることでしょう。そんなサドルと思います。

ツウっぽさ意識なんで、ステムやハンドルやシートポストなんかは価格も抑えた物を使用。
この辺は乗り出してから徐々にカスタムしていく楽しみを残しましょ。

というか、このカスタム車体はあくまで乗り出しの参考くらい。
僕が提案するCINELLI VIGORELLI TRACK STEELはいかがでしたか。
多分癖強めに写ってるんだろうと思いますが、これで乗り出したら”ツウっぽさ”でるんではないかな?

でもこうやって車体組んでブログにして、他店舗のとか同店舗のスタッフブログと比較すれば僕のカスタムって癖強いですよね。
ビシッとかっこいい感じに仕上がってるのか?と言われるとNO.となりますからね。

でもやっぱりカスタムは楽しいですね。
車体のオーダー・ホイールのオーダー諸々お待ちしてます。

 

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


 

FOLLOW

Related Articles