手組みリムに新しい選択肢。

やっぱりこの時期は自転車をカスタムする人が多いですね。
ありがたいことにホイールオーダーも多くもらっておりまして毎日組んでますね。

そんな中、今日は新たに手組みホイール用にリムが入荷してきましたのでご報告。

Velocity Quil(クイル)
BK:¥14,500-(+tax)
POLISH:¥17,500-(+tax)

Velocityは現在リムの生産工程全てを米国で行っており、リムメーカーとして多くの名作モデルを世に出していますね。
ピスト乗り大好きVelocityから出てますQuil。
AILEROのように丸い見た目で、AILERONはディスクブレーキ対応リムですがQuilはしっかりリムブレーキ対応リムな為にリムのブレーキ面がしっかり作られたモデル。

Quilの仕様が下の図。

最近のワイドリムの流れを汲んだ仕様となってます。
「AILERON/イルロンリムの開発で培われた製造技術を活かし、最たる成功を証明したA23リムの発展形ともいえるこのクイルリムは、更に軽く、硬く、そしてワイドに仕上げてあります。
クイルリムはA23と比較し、内側は17.2%広くなりました。横剛性は26.2%アップし、縦剛性は99.3%アップしました。」
これがVelocity側のQuilの説明。

まぁVelocityから出ているリムの最新モデルですよと。
そしてリム重量ですがメーカー表記465g。実測は多少個体差ありですが450g程度。
このリム幅確保からこの重量は軽いですね。
でもって、僕らにはあんまり馴染みがないですが、最新らしくクリンチャーにもチューブレスにも対応と。

既に組んだことあるので個人的なインプレを少し。
このリム幅を確保してなおこの重量の為か、組み感はカッチカチというより少しふんわりした感じ。
ただ、組みあがりに関して言えばVelocity側が言うように縦・横剛性は向上している感あります。
結構剛性あるだろうなぁと思えるくらいの仕上がりまでいきます。

そしてこのリムですが、20H~36Hまでとかなり幅広いホール数を用意してくれてます。
ホール数少なくしても剛性確保できるというVelocity側の自信もあるでしょう。
僕もホール数少なくなっても大丈夫だと思ってますが。

今回はPolishを20H,24Hで用意。

DT SWISSのトラックハブとかで組むのはどうでしょうかね?
カラーの組み合わせ的にもホール数的にもバッチリかと。

BKは32Hでご用意。

ここはどんなハブでもだいたい対応してくれますからね。
一応合わせてVelocityのハブも1セット入荷させてます。

フロント¥6,000-(+tax)
リア¥7,000-(+tax)
まぁぶっちゃけ普通なハブです。FORMULAのハブにレーザーで名前入れただけのようの見た目してます。
あんま知らんけども。
このハブ使うならベアリングカスタムをオススメするよ。
それでスルスルよ。

この時期は色んな物が入荷してますからね。
是非とも店頭に足を運んでカスタム相談でもしてください。


藤本の競馬予想
前回の結果。
ハズレ
クハハ。当たらんから発狂しそう。
絶対やめんけどな。

今週のレースは 中山 11R 皐月賞(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓

はい。もうサートゥル。一着固定。
オッズがえぐいことになってるけど、この馬を疑うことなく買うつもり。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


FOLLOW

Related Articles