様々な要望に対応できるリムがF RIMかなと。

やっと終わりましたね、GW。
10連休だった人は働くのがだるくなってそうなもんですね。
僕らは連休にオーダー頂いた車体組みやホイールの余波が来てまして、もう少しバタバタするのかなって感じです。

落ち着いた頃合いでまたデイライドやら夜のグループライドやらやろうかなって思ってますんで週末は空けといて下さいね。

今日紹介は特別仕様のF rim F-55で組んだホイール。

F-55 × RAKETA

まずパッと見は通常のF-55。
けど、このリムですが少し通常モデルと仕様変更されてます。


この画像でわかるかな?
通常クリンチャー仕様なのがF RIMなんですが、このF RIMはチューブラー仕様
完全に走り屋のホイールに仕上がっているのが今回のホイール。

クリンチャー仕様からチューブラー仕様にすることでリム重量が100gほどの軽量化(リム実測重量390g)となり、
55mmハイトながらF-35の35mmハイトリムとほぼ同重量までになってます。


ハブはRAKETAのカラーハブ。
やっぱりカラーハブっていいですね。僕にはかっこいいホイールに映ってます。
スポークもSAPIM CX-RAYを使うことでカチッと組めるだけでなく、軽量な仕上がりになってます。
今回のホイールはリアホイールですが、組み上がり総重量が700g
バカ軽い
55mmというディープリムながらこの重量ってなかなかですね。

また、このリムとハブでフロントも組みますがフロントなんて確実に600g前半でしょうね。

F RIMは35mmと55mmの二種類のリムハイトが存在し、20H,24Hというホール数でクリンチャー仕様ってのがスタンダードモデル。
ですが、今回のようなチューブラー仕様であったり、ホール数の相談にも応じれたりするリムでもあります。
気になることあれば相談してください。
今回紹介のような特別仕様リムができちゃいますから。


藤本の競馬予想
前回の結果。
ハズレ
荒れましたね。
人気馬がまぁ伸びませんでしたね。
何みて軸決めればいいかわからん。

今週のレースは 東京 11R ヴィクトリアマイル(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓

今回のこのレースはマジで混戦。ムッチャ難しい気がする。
僕はこの中でカンタービレが結構好きな馬ですので実力とかより好きって意味合いだけで買おうかなと。
他はわからん。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


FOLLOW

Related Articles