ここ最近の手組みオーダー事情を紹介。

もう五月も終わりましたね。
早いもんで6月となり、上半期も終わりが見えてます。

思うところがあるとすれば一つ。
いやー、よく負けた。競馬。
全然当たらなんだ。
まああと一ヶ月で上半期プラスに持っていけばいい話なんで余裕ですが。

みなさんはどうでしたかね。
ピストカスタムにお金使いましたか?
それはそれで物が残るのでいい事です。有意義な使い方だと思います。
ここにきて有難いことにホイール組みオーダーも増えてきてまして、みなさん個性豊かなチョイス。
なのでその一部をご紹介。
参考にしてみてください。

VELOCITY AILERON × WHITEINDUSTRIES

リムはVELOCITYから出ているワイドリムのAILERON
何度か紹介してますが、ふっくら丸みを帯びたリム形状のワイドリム。
このホイールをオーダーしてくれたお客さんはMASH STEELにこのホイールを組み込むそうで、タイヤもかなりワイドな物を使用予定。
かっこよくなる気しかしないので組みあがりが楽しみ。


ハブにはWHITEINDUSTRIESのトラックハブを前後に。
この樽っぽい形状のハブいいですよね。
ベアリングもスルスルですし、ナットが真鍮なのもポイント高し。
ハブのスポーク穴のフランジ長も前後で変えてたり、細かなとこに拘りを感じさせるハブです。
スポークにはSAPIM CX-RAYを使い、軽量に。
32Hとなるとかなり重量差が出てきます。

EASTON R90 SL × PHILWOOD LIMITED TRACK HUB

僕も好きで使用しているEASTONのリム。
硬く、精度高くで組みやすいし、リム形状もワイドな為乗り心地の安定感もあってほんとオススメのリムです。
スポークテンション高く張れるのはもちろん、リムのジョイント仕上げがかなり綺麗なのも好きなポイントです。


ハブはPHILWOODのLIMITEDハブ
白ハブってやっぱいいですね。僕もこの組み合わせで使ってますが、違うところはこのハブがローフランジなとこ。
それがまたツウな感じを引き出してくれてて良いです。


で、先週紹介したモランボンのブログを読んでくれてか、純粋に組むんでなくスポークの組み合わせをブラックとシルバーを混ぜ混ぜに。
モランボン組みでなくとも、こういったことは対応します。
シルバースポークに対してはブラックニップルを。
ブラックスポークに対してはシルバーニップルを。
組むとき多少頭が麻痺しました。
なんか手組みならではってな仕上がりでいいですね。

こんな遊び心僕は好きです。
この考えにたどり着いたお客さんて結構変態ですね。
悪口じゃなくてね。

とまぁ、こんな感じでホイール組みを進めていっているわけです。
オーダーもらえたら最短一週間ほどからお渡しできるかなと。
変なオーダーでも、正統派オーダーでも、何もわからないから教えてくれといった感じでも良いので気に入ったホイール組みましょう。
では。


藤本の競馬予想
前回の結果。
ハズレ
飛びましたね。圧倒的人気。
終わりです。

今週のレースは 東京 11R 安田記念(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓

また、圧倒的人気なやつ出てきた。
もうこんなんやめてほしい。
でもダノン派なのでダノン軸で。
あとはもうワイドで買う。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


FOLLOW

Related Articles