憧れのNEO TOKYO。

2019.07.14
Kichijoji

本日の吉祥寺は雨が少し降ったり止んだりの微妙な天気で、比較的店内は空いています。 こんな日はじっくりとカスタムの相談やメンテナンスができますのでお近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

さて、本日ご紹介するカスタムバイクはこちら。

DOSNOVENTA NEO TOKYO 5SPOKE WHEEL CUSTOM ¥765,000(+tax)

DOSNOVENTAがリリースするフレームの中でも最高峰、みんなの憧れである”NEOTOKYO”。 ハイモジュラスフルカーボンを使用したこのフレームはイタリアにてハンドメイドされています。

フレームのロゴにはマルチGPU技術”Multichrome®”が採用されており、光の当たり加減によって色が変化する点も見逃せないポイント。
ストリートでフルカーボンフレームなんて贅沢だしメチャクチャイケてます。
今回はそんなNEOTOKYOを贅沢なパーツでカスタムしました。
早速みていきましょう。

ENVE ROAD HANDLEBAR ¥44,000-(+TAX)


高品質なカーボンパーツを作り続けているメーカー”ENVE”。
このメーカーのすごいところはYOUTUBEなどでもアップされている耐久テストや、MTBダウンヒルでのパーツシェア率などからわかる
圧倒的な強度でしょう。
後もう一つ、『保証』があること。



ENVEには保証制度があるんです。
長くなるので割愛しますが、ざっくり言うと
ユーザー登録をすれば購入日から5年間は保証対象で事故やぶつけて壊れてしまってもENVEからサポートしてもらえます。
この場合は50%オフで再購入することができます。
詳しくはENVEホームページからご覧くださいませ。

保証制度があるパーツメーカーって少ないんです。
それだけENVEは信頼あるメーカーという証拠。
実際、ENVEのパーツは全てよかったです。細かいところまで作りこまれていて、デザインもかっこいい。ファンが多い理由がわかりますね。
今回のハンドルは1本のみの入荷になりますので、現物を確認したい方はお早めにご来店くださいませ。
びっくりするくらい軽いので手にとってみてください。
現在、USEDにてENVEリムを使用したホイールも入荷してますのでそちらもチェックお忘れなく。


fabric ALM ULTIMATE Saddle ¥45,000(+tax)

最高峰フレームには最高峰サドルを。
てことで座り心地に定評あるFABRICよりフルカーボンサドルをチョイスしました。
旅客機メーカーAirbus(エアバス)社のテクノロジーを取入れ、製品名の由来にもなっているAdditve Layer Manufacturingという3Dプリンターを用いた工法によって製造されるサドル。
140gと軽量に仕上げられつつも、高剛性で体重制限は100kgとなっています。
価格はしますが、クオリティはそれ以上です。至高の1本をお探しの方は是非。



通常、ペダルはトゥーストラップかトゥークリップでお乗りになる方が多いですが、ロードバイクではメジャーなビンディングペダル。
専用のシューズとペダルががっつりとホールドされるため、スピードを出して乗られる方にはオススメなペダルです。
少数在庫ございますので、お求めの方はお早めにお問い合わせくださいませ。

今回のカスタムの詳細スペックはこちら。


フレーム:DOSNOVENTA NEO TOKYO Frameset

ハンドル:ENVE ROAD HANDLEBAR
ステム:THOMSON Elite X2 Stem
サドル:fabric ALM ULTIMATE Saddle
クランク:SRAM Omnium Crankset
チェーンリング:SUGINO ZEN 144 Black Chainring
ホイール:PRO-LITE ROME 5SPOKE
ペダル:shimano 105 spd sl


それでは、本日も店頭にてお待ちしております。

OUTLET 通販サイトこちら!!

↓ご問い合わせはこちらをクリック↓
BROTURES Kichijoji
ブローチャーズ吉祥寺

フラッグシップの原宿、横浜、そして大阪と日本のストリートバイクカルチャーを世界に発信する FIXED BIKE SHOP “BROTURES”(ブローチャーズ) 西東京エリアに初進出となる吉祥寺店は、アメリカンカジュアルをテーマに設計。日本で唯一となるピスト専門のアウトレット及び中古買い取り、販売を行う。