HED. DISC WHEEL x LEADERBIKES 735TR

主にトラックレース、ガールズケイリンなどに使用されているディスクホイールですが、

最近となればNJS FRAMEなどの”細身クロモリフレーム”に装着されている方も少なくはありません。

ならばLEADER BIKES の軽量かつスタイリッシュのエロフレームにも合うのでは? ということでまずはトラック競技で前後ディスクホイールで走っている映像をご覧ください。

 

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=QExadv_WxKw[/youtube]

 

もうね、超絶速いとはこういうことなんだね〜!

それでは彼らがまず何で前後にディスクホイールを装着するかといいますと、

スポークによる空気抵抗の低減上げられ、高速で巡航する場合の抵抗は重さよりも空気抵抗の方が大きいので、

平地での高速巡航に向いているのです。

スクリーンショット 2014-08-26 13.54.01

リムハイトも多少あればスポークの起こす空気の乱流が少なくなり、

抵抗も少なくなります、エアロ形状スポークも同様にラウンドスポークより乱流が起こり難く抵抗は少なくなります。

それとリムハイトが高くになるにつれ縦方向の剛性は高くなりますが、横方向の剛性は低くなります。

つまり、縦方向の剛性が高いのでスポーク本数がリムハイトの低いホイールから比べ本数が減らせるって事です。

スポークが減らせることによって、さらにスポークの回転時における乱流の抵抗も少なくなりますね!!!

でも、僕らの求めているものはそこだけではなく、最先端でカッコイイもの。

毎日、誰もが振り返るほどの自転車を作りたいという一心であります。

そして今回作らせていただいたのがこちらです!!

スクリーンショット 2014-08-24 16.08.12

どうでしょうか?

スペックに妥協のない欲張りと言っても過言ではない1台。

ただし、走るのはのはコースではなく、

あくまでも”STREET”にこだわっているのでハンドルはライザーにしました。

IMG_0648

ステムはホイールとフレームに合わせ、U.S.Aものをチョイス。

角度、長さ、カラーリングとフォルムが自転車との相性抜群。

IMG_0649

クランクはハンドルと同じく”国産”のものを使用。

SUGINO 75 です。

NJS認定ではありませんが、PCD144mmにISO規格を採用した本格派クランクの代表作です。

チェーンリングももちろん75で統一。

その精度の高さから世界中のピスト乗りが愛してやまないセットです。

IMG_0652

エアロフレームには持って来いなLEADER SPCA1 AEROSEATPOSTをインストール。

シートクランプ部分が変わった 7SERIES との相性が非常にいい。

ミニマムでも今まで以上にサドルの位置位が高くなるのでご注意ください!!

IMG_0650 IMG_0651

そして本題のディスクホイール。

MADE IN U.S.A “HED.”

通常ラインナップにはない、JET9のフロントディスクホイールはなんと!!!!

BROTURESが別注!! 

惜しくもHED本社から公道仕様は認められていない代物ですが。。。。

世界で入手できるのはBROTURESだけということは忘れないで下さいね!!!!

IMG_0655 IMG_0653

 

今回のカスタム、いかがでした?

人とかぶらないものを作るのは簡単ではないけど面白いことには間違いありません。

時間があったら BROTURES OSAKA にいらしてく下さい。

全力でサポートさせてもらいます。

 

IMG_0646

 

RAY VICTOR.

FOLLOW

Related Articles