またまた一風変わったリム登場。

2019.08.17
Osaka

台風も去って、いつも通りのクソ暑い日が続く感じとなりましたね。
依然として僕らも作業に追われながらな感じなわけですが、このお盆は遠方から来てくれる人も多く「インスタ見てます」「youtube見てます」と有難いお声掛けも頂けてて嬉しい限り。
面白いのかはわかんないけど見てくれてるってことが実感できるのはいいもんです。
店舗に来た際はお気軽にお声掛けくださいまし。

では、今日もホイール紹介。
以前行った受注会でのホイールがやっとこさ組み上がりまして、これまた目を引く感じの仕上がりに。

F RIM 40 × PAUL TRACK HUB


まず受注から生まれた40mmハイトのF RIM
リム単体重量がクリンチャーで435gと思ってたより軽量な仕上がりで良いですね。

カーボンも3Kでなく12Kへと

12Kになるとなかなかインパクトでますよね。

ハブは前後揃えてPAULに。
綺麗なポリッシュ仕上げで、フランジには肉抜きあり、標準でENDUROのベアリング搭載の優れたハブです。
画像にあるようにホイール数もわかるようになってるとことか個人的には好きな部分です。
スポークもCX-RAYで組んでいて、軽いもんです。

受注会ならではなホイールが組めて僕としても満足。
お待たせしちゃいましたが、仕上がりに満足してもらえたら嬉しいなぁ
遠方の方だからカスタム後をこの目で見れないけどいつか大阪に持ってきて欲しいなぁなんて思いますね。

HED. BELGIUM × PAUL


リムにはアルミリムの最高峰BELGIUM
こんだけホイール組んでるのに久々にこのリムでホイール組みましたがまぁしっかりしてます。
組みやすいのなんの。

こちらもハブはPAUL。
立て続けにPAULを使ったホイール組むことって滅多にないから新鮮な感じ。
さっきも書いたように良いハブなんですなぁ、組み上げてたらちょっぴり欲しいなぁなんて気持ちになります。
画像では分かりづらいですが、スポークもプレーンでなく、バデッドスポークへと抜かりなくカスタム
32本となるとこういったところで重量も変わってきます。

今週はこんな感じの紹介でした。
今の大阪店にはリム・ハブ共にかなり種類豊富に準備があります。
リムならH-PLUS SON,VELOCITY,ENVEなどなど。
ハブならDURA,RAKETA,PHIL,MACKなどなど。

書くのめんどくさいくらい在庫してますし、カラー物や限定品もあります。
ホイールにお悩みならば今が買い時なのかもしれませんね。

では。

藤本の競馬予想

前回の結果。
買ってないんで特に無しと。

今週のレースは 札幌 11R 札幌記念(G2
ではでは予想はこちら↓↓↓


なんとまぁ豪華なメンツ。
印は何頭に打ってますが、買うのはフィエールマンとブラストのワイド一点!!たぶん。
それでいける気がしとる。つか、いけてくれ。配当安くてもいいから。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台