”DOSNOVENTA BARCELONA” スチールフレームの少し難しいお話。

2019.09.24
Osaka

BROTURESに置いてある、取り扱いのあるブランドだと圧倒的にアルミフレームが主流。
ちょろっとカーボンやら、チタンの取り扱いがあったりって感じ。
やっぱりみにきて下さるお客様もアルミで「極太のエアロフレームが欲しくてきました!!」
なんて方も多々おられます。

そんななか、たま〜に各ブランドに1〜2モデルだけ展開されている物があって、
スチールって素材。クロモリ、鉄なんて言ったりもします。
ご紹介するのはDOSNOVNETA唯一のスチールフレーム。

DOSNOVENTA BARCELONA FRAME SET ¥200,000-(+TAX)

細くて可憐、地面と水平のトップチューブできれいなトライアングルが2つ。ダイアモンドなんて言ったりもします。
正直インパクトこそはそこまでありませんがその魅力に取り憑かれた方はたくさんいるはず。

価格もフレームセットで¥200,000-(+TAX)
735TRの完成車より値は張ります。なにが良いの、なぜ高価なのか。
まず、ハンドメイドな事。1本1本丁寧に溶接、ペイントしているから。
しかも珍しいアイスエフェクトってペイント。生まれて初めてみました。めっちゃかっこいいです。
品しかない。

あと大事なのはパイプ。

あ、ここからすこし文字が多めです。
パイプについての説明なので興味のない方はサッとスワイプしといて下さい。。。笑

では、まず、
コロンバスの最高級パイプのSPIRITを使用しています。

ただのスチールフレームでもパイプの種類でまったく違う乗りもの、乗り味に感じます。
CINELLIのGAZZETTAやTUTTOは同じコロンバスって会社のCHROMORを使ってます。
オーソドックスなパイプで鉄にクロムモリブデンをまぜたクロモリってやつ。合金ですね。
比較的ローコストでしっかり硬い。その分あまり軽くはありません。

それに比べてSPIRITはクロモリにさらにニオビウムって素材を添加しています。
まずこのパイプを作る事さえ難しく、そうたくさんは生産できないみたいです。
これを混ぜるとさらに強くできるのでパイプ自体を薄く作れるんです。
ちなみにSPIRITはコロンバスのなかでは最軽量なパイプ。
写真の状態で7.3kgです。軽すぎ。笑

ロードバイクブランドのスチールフレームのフラッグシップモデルにもよく使われてたりします。
平気で30〜40万円を超えてきます。。。
このSPIRITってパイプを使用して、かつハンドメイド、ペイントしているって思うと
正直この価格で手に入るのはかなりお買い得だとおもいます。
まあ人それぞれ価値感ってのがあるますよね、ちょっとでもきになるならすぐにでもご相談下さい。
はなしが長くなるかもしれませんが丁寧に説明させてもらいます。。。笑

最後にサクッとカスタムパーツのご紹介。

RUSSIAN RAKETA x F55 CARBONRIM

RUSSIAN RAKETA LSD TRACK HUB ¥19,800~(+TAX)

Fリムの在庫も少なくなってきました。お早めに
F35/F55 CARBON RIM ¥45,000-(+TAX)

NITTO FORSHRED BAR ¥7,800~(+TAX)

今日はこんな感じちょっと文章多めでしたがどハマりしてる方にはちょっとでも楽しんでもらえましたかね。
たまにはだらだらかいてみるのもありですね〜

YUKI

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台