昔ながらな感じなのか今な感じなのか。

2019.10.06
Osaka

最近はご予約にてオーダーもらってました735TRの組み付けメインに車体組みをメインにやっている為あまりホイールまで手が付けれなかったりしてます。
ただ、もう少しすれば欠品状態にあったH-PLUS SONのリムが大量再入荷しますのでオーダーもらっている分をどんどん組んでいく毎日になりそう。
これはこれで結構溜まってますので、なる早のお渡し目指します。
お待ちいただいている方、本当に申し訳ありませんがもうしばらくお時間を下さい。

で、久々に店頭ストック分の紹介。
最近はあまりそれも組めておらず、久々に組んでストックしました。

VELOCITY DEEP V × GRANCOMPE モランボン組み
FRONT ¥27,800-
REAR ¥28,800-


最近横浜店の方で組んでるの見かけてたんで、僕ら大阪店にも用意しました。
一昔前のピストブームな時をイメージして。

ハブはピストの定番なグランコンペ
リムもピストの定番なDEEP V
真っ黒じゃつまらんし、一時代前はカラー入れてなんぼな感じ再現。それでカラーハブ投入っと。
で、ネジネジ。

これ好きな人いそうなもんだけど、今では無いのかな?とか出来上がり見て思いました。
これにグッときた人のカスタムお待ちしてます。

VELOCITY QUIL × VELOCITY TRACK HUB
FRONT ¥28,500-
REAR ¥29,500-


こちらは前者とは打って変わって今な感じののやつをご用意。

リムはQUIL(クイル)というモデル。
もう完全に時代はワイドリム。そこに合わせてできたワイドリムなのがこいつでして、リムにCNC加工してある為、キャリパーブレーキに対応可能リム。
ワイドながらそこそこに軽量であって、バランスいいリムかなと思います。

ハブはVELOCITYの。
まぁ良くも悪くも無くといった感じでしょうか。
ベアリングやらの見立てからフォーミュラハブだろうと思います。
価格が抑えめなハブです。しっかり使っていくならベアリングカスタムをオススメします。
結構変わるんじゃなかろうかと思います。スルスルに。

見た目も仕様も全く違った物を紹介しましたが、どちらがお好みでしょうか。
これからより自転車に乗りやすい季節になってきます。
店頭に来れない方も電話だろうとメールだろうと僕らはできる限り対応させてもらいます。
ホイールのご相談お待ちしております。

藤本の競馬予想

前回の結果。
アタリ
アタリなんだけどまぁ固かったですね。このレース。
今週末は凱旋門賞。
楽しみ!

今週のレースは ロンシャン R 凱旋門賞(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓


日本馬がなんと3頭もでますね。
しかも日本ではすごい成績残している馬ばかり。
でもねー、世界最強牝馬エネイブルがいますから。こいつには正直敵わんでしょう。
G1ばっかりを10連勝以上してますバケモノ。ですが、そいつをソットサスが倒す程で馬券買います。
地上波でも放送あるんでみんな見た方がいい。
僕は日本馬なんて全く応援してないし、来ても三着と思ってます。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台