色気のあるホイール組みましてん。

2019.10.27
Osaka

この10月終盤から、11月にかけて色んな物が入荷してくるようです。
そんな中、在庫が危うかったF RIMも再入荷間近と。
このF RIMも最近では大阪店だけでなく他店の方でも結構組まれている様子ですね。
バカ売れって感じの商品ではないけれどピストにハマった人が選んでくれて使用してくれているって嬉しいもんですよね。

今日はその再入荷間近なF RIMの特別編をご紹介。

F-55 × MACK


なんだかツヤツヤなF RIM。
通常、カーボンそのままのマットな質感ですがそれをクリア吹いてツヤ有りバージョンにしたものになります。
意外と無いですよね、カーボンリムのツヤ有り。

近くで見るとちょいと高級感ありますね。

ハブにはMACKを。
何度か紹介してますが軽量、高回転なハブです。
しかも国内の扱いがBROTURESのみな珍品ハブ
そんな在庫豊富ではないですが、まだ残っとります。

スポークはCX-RAYにて軽量、カチカチな仕上げ。
まぁこの辺組む場合にはスポークも妥協せずいってもらうといいですね。どうせ組み替えとかそんなしないのだから。

F-35 TU × DT SWISS


こちらはこちらで変わり種。
まずチューブラー仕様であり、カーボン目も12Kで。

この見た目、F-35程度が案外一番良かったりするんじゃ無いかなと思います。
ディープリム過ぎるとやりすぎ感出そう。

ハブはカーボンリムにもってこいなDT SWISS。
こちらもスポークは惜しみなくCX-RAY。

こちらのホイール、この組み合わせで710g
ピンと来ない方もいるでしょうか、完成車とかについているリアホイールで1400gとかです。
その半分の重量と考えたらやばくないですか?
こんな軽量ホイールもできるのがF RIMの強みですよね。

あとお客さんにとってむちゃくちゃどうでもいいことですが、F RIMにしろENVEにしろ組む際はCX-RAYの方が圧倒的に組みやすいのでCX-RAYでのオーダーは助かります。
はい、ぼくのわがままです。

と、こんな感じでしょうか。
次回入荷するものに、こんなイレギュラーなF RIMはございませんが32Hとかのラインナップもあるかもです。
使えるハブが増えますし、アルミリムからの組み替えとかもいいんでは無いかなと思います。

ホイールのオーダーお待ちしてますねー

藤本の競馬予想

前回の結果。
アタリ
自信を持って臨んだレースは見事的中にて儲けさせていただきました。

今週のレースは 東京 11R 天皇賞・秋(G1
ではでは予想はこちら↓↓↓


このメンツはかなりスゴイ!凄過ぎて生で見たい。
楽しみ過ぎる。
個人的に好きな馬はスワーヴ。応援はしてます。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台