僕らはいつだって全力投球

大阪って自転車人口多いし、ピスト乗りだって結構多い。
自転車屋だって結構な数あるけど、ピストに抜きん出たお店ってまぁ無い。それが大阪な感じ。
それ故か、僕らを頼ってフレーム・パーツお持ち込みでの作業ってのも多くあります。
電話とかでも「他で購入した物でもいいですか?」なんて申し訳なさそうなトーンで聞かれたりすることも少なくありません。

全然大丈夫です。むしろ作業依頼してくれてありがとうございます。
そんな気持ちでございます。
もちろん、お店でついでに何か買ってくれるのは喜ばしいって部分は否定しないけどね。

先日も持ち込み作業依頼から出来上がった車体があります。
鮮やかなカラーリングのBianchi SUPER PISTA。


お客さんは海外から購入されてこの度大阪店へと。
途中経過写真とか無いけど、持ち込まれた時は完全なるフレーム・フォークセット状態。

そこから組み上げのイメージを固め、メカニックと相談しながら出来上がったのがこの車体。
パーツ構成もじっくり決めていき、何一つ妥協なく仕上がり切ったんじゃ無いでしょうかね?
むちゃくちゃかっこいい仕上がりですよね。

今回の作業の中でお客さんは一つのレバーで前後ブレーキをかけれる事がご希望で、初めはダブルワイヤーをご希望。
だけど、しっかり乗る上でちゃんと前後共ブレーキを引きたいとなるとダブルワイヤーだと引きが弱い。
なのでこちらからご提案!
で、あれば前後をしっかり引けるレバーを作っちゃおう。
それが下のやつ。

お客さんが希望している、けどない。
無いなら作っちゃう。ハハハ。

作業するにあたって、持ち込みだろうが大阪店で購入された物だろうが出来ることはやらせて頂くし、ご希望のその上をいく仕上がり目指して提案・組み付けをしていく全力投球スタイルです。
僕ら大阪店の強みって、ピストが好きとかそんなの大前提にあるわけでして、そこから来る提案力とやれる・やれないじゃなくてどうにかしてでもやることができる技術力。
そんなとこだと思ったりしてます。

最近なんて、ありがたいことに府外からの作業依頼も少なく無いです。
ありがたすぎますね。

大阪店は藤本・鳴海の二人が作業担当(メカニック)としていますが、作業に困ったり、お持ちのフレームがあるようなら任せて頂けたらななんて思います。
ご提案できる引き出しの多さ、作業内容の幅はきっとお客様のご期待に添える結果として返ってくると思います。

僕らはいつだって全力投球ですんでね。

 

 

最後にフレーム載せ替えの簡単な動画の作りましたので
ご覧ください!

BROTURES OSAKA

 

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com



FOLLOW

Related Articles