拝啓、神様。

今日は大阪からこんにちは。JUNKIです。
今日明日いますので、傷ついた顔を拝みたい方は遊びにきてください。

2月に東京に引っ越してからも、ちょこちょこ来ているのであんま懐かしさとかないんですけど、
やっぱこの方のマシンを見ると大阪に来た感が込み上げて来るのです。
お客様が神様だとしたら、この方はゼウス。到着そうそうピットインしていたNEO TOKYOは、大阪店のピットの格式を上げる特別な自転車のように見えました。

今回のメニューはと問いますに、ただの”ハンドル交換”なんですけども、こんなすごいハンドル交換もそうそうないのではないかと思うのです。
もとのセットアップはこんな感じ。

(BEFORE)
ハンドル/BROTURES CARBON DROP
レバー/TRP RL951

(AFTER)
ハンドル/ENVE AERO ROAD BAR
レバー/CAMPAGNOLO CHORUS
バーテープ/GODANDFAMOUS

極上のカーボンフレームに極上のパーツ。
ステムもリムも最高峰のカーボンブランド”ENVE/エンヴィ”
BROTURES OSAKAではけっこう前からENVEの取り扱いがありますが、もとを辿ればこの方のために仕入れたんじゃなかろうか?
曖昧に美化された記憶はそうなっているので、そういうことにしておきます。

カンパのクランクにブレーキ。サンマルコのサドル。ハブとチェンリングはフィルウッド。
くぅ〜。このアッセンブルを語り尽くすには半月はかかる。
写真を載っけさしてもらいますので、ぜひカスタムの参考に。
詳しいことは鳴海に聞いてください。

使われているパーツの中には廃盤のものもあります。
長年ピストに乗ってると、使ってるものがモデルチャンジすることがあるんですけど、それはそれでなんか気分がいいのよね。
「良いものを永く使う。」
僕の一番好きなセールスワードです。

カーボンって繊細で扱い辛いと思っていませんか?それは誤解です。
適切な組付けさえ行えば、永く快適に使っていただけます。TOKYOやENVEならなおさらのこと。
只今、在庫充実していますので、カーボン製品をご検討中の方はぜひ大阪店にお立ち寄りください。

JUNKI

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


FOLLOW

Related Articles