ゴキゲンなカラーのCINELLIのGAZZETTAでカスタム!

イタリアの老舗自転車ブランドとしてピスト業界でもとても高い人気を博すCINELLI。

伝説的ピストクルーMASHや、マイクジャイアントなどのアーティストとコラボを行いオリジナル製品をリリースするなど、カッコいい物作りを行うことに関してのフィロソフィーが他のどこよりも強いブランドです。

そんなCINELLIの人気モデルの一つがクロモリフレームのガゼッタ。

様々なスタイルのカスタムもハマる懐の広さから兼ねてより人気の高いモデルですが

ニューカラーが当店に着弾したので、届きたてのガゼッタでカスタムバイクを組み上げました。

CINELLI GAZZETTA  AEROSPOKE CUSTOM

COMPLETE / ¥185,000-(+TAX)

フレーム価格 / ¥60,000-(+TAX)

鮮やかなイエローカラーがゴキゲンなフレームをグッと引き立てるよう、コンポーネント類のパーツをブラックでまとめました。

短めのライザーバー、エアロスポーク、TURBOサドルなど、どことなくピスト全盛期にライダー達がこぞってしていた’’あの頃感’’のある雰囲気ですが

パーツはほとんど現行品で組み上げられております。

まず何と言っても目を引くのはこのAEROSPOKEでしょう。

インパクトのあるルックスと豊富なラインナップで、過去に一世を風靡したアイコニックなアイテムでした。

こちらは先日中古商品として買取させていただいたもので、リム面に若干スクラッチがあるだけのとてもいい状態です。

自転車の顔となるクランクには、精度と剛性が高く壊れないことからメッセンジャー達に長らく愛用されているSUGINO75をインストール。

精度のいいクランクはチェーンリングなどの歪みが少ないためチェーンへのパワー伝達率が高く、スピードアップにもつながる重要なパーツです。

そしてもう一つ目を引くのがピスト好きであればその名前を一度は聞いたことがあるであろう伝説的ピストライダーMASH SFのトゥクリップ。

合わせるペダルはMKSのシルバン。ベアリングの精度の高さ、仕上げの美しさから長年愛されるロングセラーペダルです。

乗っている時には見えませんが、自転車を停めている時にペダルが裏を向いている時にだけ見せるMASHのロゴがニクいです。

サドルにはイタリアの老舗メーカーSelle italia(セラ・イタリア)のTURBOを装着。

こちらもピスト全盛期を経たライダーの中では懐かしいアイテムの一つではないで

しょうか。

座面の広さによる安定感、クッション性、クラシカルなルックスから何十年も愛されているサドルで、現在でも復刻版などで再販されています。

ワイドなライザーバーが近年の流行りですが、時代に逆行しNITTOのショートライザー。

合わせるステムはFAIRWEATHERのUI-7。アルミ製のステムがほとんどの今、あえて90年代のスタイルを再現した現行品なんですよこれ。

素材はクロモリ製で少々重量はあるものの、肉薄パイプにより細身に作られたデザインはクロモリバイクにはドンピシャですね。

オールドルックなんだけど、つけてみるとスタイリッシュでモダンさを感じる不思議なステムです。

上記のハンドル周りの写真を見て「おっ」とこのパーツに目を惹かれた方はきっと遊び心あふれる人でしょう。

チネリから販売されているベーコンエッグのトップキャップ。

すごく小さなパーツで、正直街中を走っている時は人から見られる部分とも言えず、基本的にみんな無難な無地のものを使う人が多いパーツなんですが、そんな部分だからこそこっそりとデザイン性の高いものを取り付けてみるのもオシャレですね。

1500円くらいのパーツで単品販売もしているので、気になった人は愛車に取り付けてみてはいかがでしょうか。

シンプルでどんな組み方をしても結構ハマる、様々なスタイルを楽しめるフレームです。

ガンガン走れるカスタムでもよし、街中をのんびり流すゆるーいカスタムもできる懐の広さがいいですね〜。

GAZZETTAでカスタムバイクを組みたいな〜と思っているお客様、BROTURES KICHIJOJIへお気軽にお問い合わせください。

スタッフがお客様のライフスタイルに合った一台を提案させていただきます。

 


これからの季節だと社会人の方は冬のボーナスを併用してのお申し込みが一番負担なくお買い物出来ると思います。
お申し込みの翌月からのお支払い開始になるので今なら12月末から。

バイクローンは使いたくない!!という方は今なら”キャッシュレス5%還元キャンペーン”も行ってます。
今回の車体ですと”20,350円”の還元となります。
キャッシュレスについてはこちらの記事をどうぞ。

”キャッシュレス決済”について。

「毎月の負担少なく憧れの車体を手に入れる」か「少しでもお得に憧れの車体を手に入れる」かの違いでしょうか?

どちらでもお好きな方をお選び下さい。

今ならモデルやカラー、サイズご自由にお選び頂けます。
12月に入ると駆け込みがかなり多くなるので11月が狙い目。

1年間頑張ってきた自分へのご褒美を今の内に検討してみてはいかがでしょうか?
お気軽に電話、メール、DMにてお問い合わせ下さいませ。

FOLLOW

Related Articles