「バラ完」は楽しい。お客様バイクチェック。~LO PRO編~

2019.12.19
Osaka

発売されてから勢いよく数が減っていっているフレームがAFFINITY。
大阪店の場合はその中でもLO PROが一番人気でして、カラーで言えばFilmgrainがダントツ。

既に何本か組みましたし、納車もしました。
その中から一台のお客様バイクチェックいきましょうかと思います。

AFFINITY LO PRO FILMGRAIN フレームセット ¥89,000-

横からの写真だとまぁよくありげなライザーカスタム。
けど、細かいところに拘り詰まっててパーツの相談とかしてくれている段階から組む僕が楽しみになっていた一台でもあります。
そんなところもざっくりと見ていきましょう。

まずはヘッドパーツ。
今回からAFFINITYに合わして出ましたPHILWOODのヘッドパーツ。
で、ポリッシュを選択。ここまでキラキラなヘッドパーツって少ないですし組んでてしっかりしてるのが伝わるヘッドパーツです。
でもって、スペーサーにも遊びを。
ヘッドパーツとかに合わせたメッキ加工の物に、SIMWORKSのロゴがワンポイントで入った物を。
さりげない遊び心あるパーツがSIMWORKSは多いように思うので好きなブランドです。

ステムやシートポストもSIMWORKSとNITTOコラボの物を。
統一感といった面でも人と被らない物としてもこの辺りっていいですよね。
ハンドルもNITTOですしね。

でもってバーエンドもフレームカラーに合わしての物を。

足回りはSUGINO75クランクに、RAKETAのダイヤモンドチェーンリング。

ホイールは前後手組みでAT-25とPHILWOODの合わせ。
フロントをLOWFLANGE,リアをLARGEFLANGEで、フロントにグリーンのカラーハブ。
最高にイケてる。
と、思うのは僕だけなんでしょうかね。

でもって、シートクランプはヘッドパーツ・ハブ同様にPHILWOODでカラーをここにもグリーンを。
このさりげなさい小さなパーツが組み上げた時の印象を変えるから面白い。

ブレーキ類もどうせ取り付けないといけないならかっこいいのに。
最近はこの辺りもちゃんと考えて組み上げる人多くなった印象受けてます。
僕らもそこに合わせてオススメできるキャリパーは用意してますのでその辺りはご相談くれるといいかなと。

ざざざっと流すように紹介しましたが、まぁかっこいい仕上がり。
この車体のオーナーさんも納車の時喜んでくれていたようでよかった。
LO PROは僕自身乗っているからこそお客さんにしてもらいたいカスタムみたいなのがあって、そこを多少、、いや結構推しましたが受け入れてくれたのも嬉しかったり。

お金を払ってくれるのはお客さんだし、それに乗るのもお客さんなわけですが仕上がるまでの相談というか会話は僕らも楽しいし、組み上げる時もそんなお客さんのこだわりなどがわかっているからこそ楽しかったりします。

フレームから全てを選んで組み上げていくのを「バラ完」などと僕らは言いますが、「バラ完」は時間かかっても楽しい。
AFFINITYって乗る側、組む側をワクワクさせてくれるフレームだなっていつも思います。

入荷時期がまばらだったり、数も少なかったりする。
組み上げるにはお金もかかるけどできてしまえば良い事尽くしなフレームです。

ある時に是非とも僕らを頼って、相談なりしてください。
そして組ませてくれればなと思います。

では。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台