初めてのカスタムに迷ったら

ひとまず王道を行ってみましょう

ようやく手に入れたピストバイク。しばらく乗って、そろそろカスタムしたいなーって思っている方は多いはず。
ただどこをカスタムしていいかわからない。
うーん、どうしようかな〜って声よく聞きます。

個人的にオススメしたいカスタムは、ハンドル、ステム、シートポストで統一できるブランドで試してみるってこと。
次のカスタムをする時も困りづらいし、なにより車体に統一感が出るからビッシリ仕上がりやすいです。
あと意外と乗り味が変わるので体感しやすいっていうのもミソ。

ここでオススメしたいのは”THOMSON”
航空機にも使用されるほどの高い切削技術を用いた、確かな精度と優れたコスパが人気のブランドです。
Made in USAっていうのもアメリカンなモノが好きな方にはピッタリ。
THOMSON

今日はTHOMSONのシートポストについて。

THOMSONのシートポストには2グレードあります。
スタンダードモデルの”ELITE”
ハイグレードモデルの”MASTER PIECE”
見た目はほぼ一緒ですが、異なるのはその重量。

THOMSON ELITE ¥11,000(+tax)
THOMSON MASTER PIECE ¥18,000(+tax)

完成車に付属しているパーツってことでハンドルやステム、シートポストは意外と重量があるのもが使われていたりします。
こういうところで完成車の金額を落としてるんだなぁって自転車屋目線としての意見があったり。
ただパーツを単品でリリースしているTHOMSONとかはそんなことはありません。

内径を縦方向に強くしつつ軽量化したスタンンダードモデルのELITE(写真左)に対し、内側を全周に渡って同じ肉厚にしたMASTER PIECE(写真右)。

もちろん軽量化をしている分、肉薄にはなります。しかしTHOMSONはハードなトレイルライドやクロスカントリーでの走行も想定しており、基本的には一生モノです。ぶっちゃけTHOMSONのシートポストが折れたっていう話は聞いたことないです。
ELITEとMASTERPIECEの重量の差は約40g。
バイクを振った時に重しになるサドル近辺が一気に40gも軽くなると、全く操作感が違ってきます。

両者の値段の差は¥7,000。
経験上、ELITEを買ってからMASTER PIECEへグレードアップはなかなかすることはないでしょう。

今回はシートポストの中心の内容でしたが、ハンドルやステムもTHOMSONは非常にオススメです。
それはまた次回ご紹介で!
adactch

 

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles