スキッドに苦戦している人は、ここを見直してみよう!

やはりピストバイクで”固定ギア”に乗っている人は、必ずと言っていいほど一度は「スキッド」に挑戦してみると思います。
僕も最初は上手く出来ませんでしたが、今から紹介する「3つ」のポイントを見直してみたらすぐにコツを掴み出来るようになりました!

「3つ」のポイントって何?って感じだと思いますが簡単に説明すると

①ハンドル
②コグ
③タイヤ

この三か所です。

①まずはハンドルですが、ライザー・フラットバーが1番やり易いです。
握りやすく、力も入れやすい。


今ドロップハンドルなどで苦戦している人は、このハンドルを変えるだけでもかなりやり易くなります!
おススメとしては、やはり”NITTO”のライザーバーですね。
頑丈なアルミ素材でシンプルに使い勝手が良いです。是非使ってみて下さい。

②続いて、なぜコグを変えるとスキッドができるようになるかと言うと”ギア比”が関係しているからです!

LEADER®の通常完成車だと、だいたい”3”っていうギア比で最初にしては重たいです。
だいたいスキッドをメインにする人は「17T」にして、ギア比を2.8辺りにする人が多いです。
適度な軽さになり、タイヤも満遍なく削れていくので長持ちします!
なので上手く出来ない人は、コグを今使っている数字より大きくすればやり易くなりますよ!

一応”スキッドポイント”という、スキッドするときにタイヤが何か所削れるのかを書いた表も載せておきますので、是非参考にしてみて下さい。

そして、コグについてはもう”EURO‐ASIA”一択ですね。
段違いに精度が良く、GOLDMEDALというラインナップは歯の部分がチタン素材になっています。
なので劣化がほとんどなく、音鳴りもかなり軽減されるという逸品。


実際に5年以上使っている人のGOLDMEDALを見てみましたが、磨けば”ほぼ新品状態”に戻ります。笑
カラカラ音が気になる方も、このコグに変えるだけで解消される可能性があるのでオススメです。

③最後にタイヤですが、「コツを掴みたい!」「これからスキッド始めたい!」って人はまず”Zaffiro”を使ってみて下さい。

単純にやり易く、初心者にはかなりおススメのタイヤです。
ただ耐久性が特別良いものでもないので、やり過ぎるとすぐにダメになります。笑

なので、コツを掴んで慣れてきたら”CONTINENTAL”の「GATORSKIN」に変えましょう!

耐パンク性能が飛躍的に向上するので、スキッドを日常的にする人は基本的にこれを使ってます。
ちなみに僕らBROTURESスタッフも、ほとんどの人が”リアタイヤ”はGATORSKINにしています!

とまぁ、ザックリ言うとこんな感じです。
「これからスキッドをやってみたい、やってみてるけど上手くいかない」という人は是非参考にしてみて下さい!
それでも出来ない、コツが掴めないっていう人は”濡れた路面”や”砂場”などで試してみて下さい。
ただ勢いよくやると転倒する恐れがあるので、気を付けて下さいね。笑

とは言っても、一人で練習するのもつまらないと思うので是非お店まで遊びに来てください!
お声かけ頂ければ、コツなどレクチャーしますよ!
みんなで楽しく乗りましょう!笑

なお通販でも分割払い購入が可能で、パーツも分割払いが可能になりました。
気になる方はスタッフが親身にお答え致しますので、お気軽にお尋ねくださいませ。

バイクローンの詳しい内容に関しては→前回ブログ←をご確認ください。

◼︎BROTURES HARAJUKU◼︎
在庫状況/ご注文のお電話はこちらをクリック
店舗へのお電話はこちらをクリック
メールはこちらをクリック

FOLLOW

Related Articles