ペダルにこだわらないスタッフはいない。

超当たり前ですが、自転車はたくさんのパーツで構成されています。
その中でハンドル、サドル、ペダルの3つだけが体と接するパーツです。
でもサドルやハンドルのみたいにペダルに拘る人はそう多くない。ぶっちゃけもったいない。

一口にペダルっていっても意外と種類があります。
大きく分けて、ストラップ派、トゥークリップ派、ビンディング派といったところでしょうか。
上記に属さないのが完成車に付属する「純正ペダル」。これを使ってるスタッフは一人もいません。

好みはあると思うけど、ピストをどんな風に使うかによって適したペダルは変わってきます。
例えば気軽に街乗りがメインで、ファッションとかも色々こだわりたい。
それならプラットフォームペダルにストラップがオススメ。

 

ペダルストラップ

足入れが簡単なのでトリックとかしたい人にもいいですね。
ストラップの大きさを調整できるものが多いので色んな種類のスニーカーが履けるのがポイント高め。
ブロ横のスタッフだと僕、吉江、水谷君など使用率高め。みんなスニーカー好きですからね。

デメリットはホールド力が少し弱めなところ。
引き足を使ってガシガシ走りたいなら少し不満が残るかも。

オススメはMKSのALLWAYS。
僕も使っているのですが踏み面が広くて食いつきがいいのでお気に入り。
ベアリングもヌルンヌルンでアルミボディだから壊れにくいところもGOOD。

MKS ALLWAYS

ストラップはMADE IN CANADAのYNOTが人気。
大阪店のおトリックライダーのAYUMU君も御用達なストラップです。

YNOT CYCLE STRAP

 

トゥークリップ

クラシックなルックスだったり海外のライダーにも人気なスタイル。
ちょっと玄人感あったりでカッコついちゃう感じがいいですよね。
なによりホールド力が強いのが特徴。

デメリットはシューズを選ぶのと、傷つきやすいこと。
クリップが金属だったりで形状に柔軟性がないのでローテクなスニーカーでないと厳しいかもです。

スタッフだとJUNKIさんが愛用中。
最近こういうポップなナイロン製のクリップもまた流行ってきてますよね。
少しハズしてカスタムするのも良さげ。

これはクリップとかペダルってよりも僕はこのストラップを推したい。
競輪にも使用されるものだけにペダルと足のホールド感は抜群。
僕が使ってみて感動したパーツの一つでもあります。

MKS FIT-a 2バックル

 

ビンディング

専用のシューズの金具とペダルがガッチャンコってドッキングするペダルです。
ロードバイクやMTBのレースシーンではよく見かけますよね。
これがピストでも効果絶大。正直これだけでいつもより速く走れちゃう。まじで。
スタッフだと店長のadatchが使用中。

これも細かく分けるとロード用とMTB用に分かれます。
特徴としてはロード用の方がホールド力が強くて、MTB用の方が着脱が簡単。
これはすぐ外せないと怖いからMTB用、とか兎に角ペダリングの効率を上げたいからロード用、とか好みで選んでもらっていいと思います。

個人的にはCHEROMEのシューズが使えるからMTB推し。
ぱっと見スニーカーっぽくて私服でもビンディングペダルが使えます。

 

未だに完成車の純正ペダルを使っているアナタ!
これで自分に合っているペダルがなんとなくわかったんじゃないでしょうか。
具体的にどのべダルやストラップなどの組み合わせが良いかも店頭でご相談ください。
きっと愛車の印象も変わると思いますよ。

toshi

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles