ワークショップレポートと初めての街乗りピスト

昨日のワークショップにお越しいただいた皆様ありがとうございました。
インスタのライブでもたくさんの方にご覧いただけたようで何よりです。

ハンドル交換、どうでした?
それに伴うブレーキレバーやケーブルの取り付けのコツや目安なども合わせてご紹介させていただきました。
今後のカスタムの参考にしてもらえたら嬉しいです。

さて、ワークショップのモデルになってもらったバイクがこちらのMETRO。
シンプルなデザインとお手頃な価格で初めてピストバイクに挑戦されるお客様に人気の1台。
折角ハンドル交換をしたので、街乗りしやすいカスタムに仕上げてみました。


LOCAL BIKES METRO
完成車 ¥68,000‐
参考価格 ¥108,900‐

まず今回交換したハンドルはNITTO for SHRED BAR。
いわゆるロングライザーの定番ですね。
安定感があって、しっかり車体を振れるから力も入れやすい。スタッフも愛用者多めです。


NITTO for SHRED BAR

そのハンドルのお供に添えるは便利なステムバッグ。
ドリンクや小銭、僕は鍵類なんかを入れてます。
シンプルさが人気のピストだけど、ライフスタイルに合わせて”ちょい足し”するカスタムができるといいですね。


FAIRWEATHER stem bag ¥4,900‐

街乗りで1番多いトラブルがパンク。
特に通勤、通学中のパンクは最悪ですよね。。
できるだけパンクは少ないほうがいい。
それならGATORSKINの出番です。


CONTINENTAL GATORSIKN

ただパンクしづらいだけじゃなくて、しっかり走ってくれるタイヤです。
今回は少し太めのサイズをチョイスしたので安定感もあるので安心して乗れると思います。

それと合わせて初めてのスポーツバイクで心配されるお尻の痛み。
こんな薄いサドルじゃ絶対痛くなるって!って思うでしょ。
ところがどっこい、このfabricのサドルはそうでもないみたい。


fabric SCOOP RACE

骨格や乗車姿勢に合わせてサドルの形が選べるので、自分に合ったサドルが見つけやすい!
デザインも超シンプルでピストにマッチしますしね。

 

どうでしょうか。
乗り心地に関しては身体や地面と接するパーツをまずカスタムするとわかりやすいと思います。
もちろん自分好みの見た目に仕上げる楽しさもありますからね。
どちらも突き詰めていくと本当に終わりがない!笑
だから面白いんですけどね~。

店頭では試乗やお見積もりも無料で作成致します。
気になる方はお気軽にお声掛けくださいね!

toshi

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles