ピストカスタムの鉄板パーツ

- 迷ったらこれを買え! -

カスタムの自由度が高くてどんなメーカーのものも、また車種別のパーツであろうと、工夫したりすれば基本的にどんなパーツでもつけれちゃうのがピストバイク。

昔からピストバイクを楽しんでる人は、いろんなパーツを似合うかな?つけれるかな?と試行錯誤しながら試してきた人も多いはずです。

星の数ほどあるカスタムパーツですが、やっぱりその良さが認められて万人から選ばれるパーツというのは存在するものです。

人がなかなか使わないパーツなどで個性的なカスタムを施すのもピストバイクの楽しみの一つかもしれませんが、やっぱり良いものは良い!

ということで今回はピストバイクをカスタムしてみようかなとお考えの方に向けて、基本的には手に出しやすい価格帯の「迷ったらこれを使え」的なオススメパーツを紹介していこうと思います。

まずはこれ。

MKS ALLWAYS PEDAL

PRICE / 税別¥5,900- (+TAX)

吉祥寺店に車体を持ってこられるお客様のピットイン理由で何気に多いものが

「ペダルが割れたので交換したいです」というものです。

実はピストバイクに限らず、最初からついている純正ペダルというものは樹脂製の安いものが多く、長く使ったり、攻めた乗り方をする方などは割と簡単に割ってしまいます。

ということでペダルを割ってしまったお客様に必ずオススメしているペダルがこのMKSのペダルです。

アルミ製のペダルなのでこれを使えばペダル割れとはほぼ無縁ですし、踏み面が広く安定感があり、ベアリングの回転もスムーズなので気持ちよくクランクを回せます。

また、バンドタイプのペダルストラップも取り付けることができるのでビギナーからそうじゃない人まで満足してもらえるペダルです。


THOMSON X2 STEM

PRICE / 税別¥11,000- (+TAX)

自転車においてフレームとハンドルをつないでいるのがこのステムというパーツになります。

このパーツの長さによって、ライダーにとって乗りやすいハンドル位置を決定する重要な部分です。

長くするとハンドルが遠くなり、短くすると近くなるので、買ったままの状態で乗ってる人にとってハンドル位置に不満があるならばここをカスタムすれば必ず乗りやすくなって、ピストバイクはより楽しい乗り物になります。

で、このTHOMSONというメーカーがなぜ良いかというと、とにかく制度はよく壊れにくい、何よりカッコいいからでしょう。

航空機産業からラジオまで手がけるTHOMSONは優れたアルミ加工の技術を持っており、このステムもアルミの塊を贅沢に削り出して作られたワンピース構造となっています。

ワンピース構造の何がいいかというと、つなぎ目であったり熱を加えられる部分などがないので金属素材そのものの強度が出せて、壊れにくいのです。

またアルミを削るマシンの切削跡のザラザラがなんとも綺麗で男心をくすぐってくれますし、シンプルな見た目ながらも美しい仕上げが昔からずっと自転車好きの心を掴んで離さない存在です。


このTHOMSONのステムには、上で紹介したX2のほかに、X4というモデル違いもあります。

価格は税別¥11,000- (+TAX)

X2との違いは、ハンドルを止めている部分のボルトがX2は2本、しかしX4はこの写真と見比べていただけるとわかる通り4本で固定されていることです。

ボルトが4本留めになることによって、よりしっかりとハンドルを固定することができるので、攻めた走りをする方や、近年の流行りであるシングルシクロなどの悪路を走りたい方にもおすすめです。

ステムそのものの見た目は2本留めのX2の方がシンプルでスタイリッシュですが、こちらのX4には無骨なカッコよさがあります。仕上げの美しさはどちらも変わりませんよ〜。


THOMSON ELITE SEAT POST

PRICE / 税別¥11,000- (+TAX)

THOMSONの製品はまだあります。

こちらも定番になりつつあるシートポスト。ステムと同じくアルミを削り出したワンピース構成で作られており、精度・軽量・強度が高い次元で融合した逸品です。

ストレートタイプ(上)とセットバックタイプ(下)の2種類がラインナップとしてあり、お好みの乗り方や見た目によって選んでいただければと思います。


HKK Vertex  TRACK RACER CHAIN

 

BLK / 税別¥3,300- (+TAX)

GLD / 税別¥5,500- (+TAX)

SLV / 税別¥5,500- (+TAX)

ぱっと見たときの変化にとぼしいので、あんまりカスタムしよう!と思う方が少ないかもしれませんが、確実な走行性能UPに欠かせないのがチェーンです。

チェーンというパーツは、コグと呼ばれる後輪のギアと、チェーンリングと呼ばれるクランクに付いているギアを回転させている部分であり、どんなものを使うかによって案外走行感が変わるものです。

いいチェーンになるとギアに力を伝達した際にかかるフリクションを低減し、ギアの歯を滑らかに送らせることが可能になり、結果的に自転車の速さに直結します。またチェーン自体の連結している部分がしなやかに曲がるため、低慣性でもスムーズに歯を送ってくれます。

このHKKのVertexはトラックレーサーや競輪選手にも選ばれている高性能チェーンで、ライダーのパワーをロスすることなく推進力として変換してくれます。

また、プロレーサーの強靭な踏む力に耐えうる強度と剛性を備えているので、チェーン伸びも起こりにくく長持ちします。

チェーンを交換するならば間違いなくおすすめできる製品です。


続いてが街中を走るのには欠かせないこれです。

One By Esu  Right on brake more

PRICE / 税別¥17,500- (+TAX)

未だにブレーキのついていないイメージがあるピストバイクですが、公道を走行するにはブレーキは必須です。

確かにブレーキをつけるとピストバイクのシンプルなルックスが少し損なわれますが、ならどうせ付けるならばカッコいいブレーキを付けちゃいましょう。

アルミ切削によって作られ、各所にチタンボルトを多用した軽量ブレーキで、剛性感にも優れています。

純正の状態でSWISS STOP社の制動力に優れたブレーキシューが取り付けられているので、ストッピングパフォーマンスはバツグンです。

ブレーキシューの可動域が51mmと広めに作られているため、ナローリム〜ワイドリムまで幅広いホイールに対応しています。

買ってそのままのブレーキをお使いの方であれば、その性能の違いをしっかり感じていただけるハイパフォーマンスなカスタムパーツです。


NITTO FOR SHRED BAR (25.4径 / 650mm)

BLU / 税別¥8,700- (+TAX)

SLV / 税別¥7,200- (+TAX)

BLK / 税別¥7,700- (+TAX)

ピストバイクにおいて見た目も乗り心地も大きく変わるパーツがなんと言ってもハンドルです。

純正状態ではドロップハンドルがつけられているモデルの多いピストバイクですが、やはりライザーバーにしたいという方が多いです。

様々なブランドからリリースされているライザーバーの中でも人気なのがMADE IN JAPANのニットーのライザーバーでしょう。

このSHRED BARの特徴は、近年のトレンドである低めのライズアップと浅めのバックスウィーブが再現されたシルエットで、このハンドルをインストールすれば’’今時感’’を感じられる一台に仕上がります。

ドロップハンドルよりも楽な体勢で、しかしある程度の前傾姿勢をとることが可能なので、まさに街乗りに非常に適したハンドルとなっております。

こちらで紹介しているハンドルはクランプ径が25.4mmのものとなり、クイルステムと呼ばれるクラシック風のステムが取り付けられた車体にマッチします。

他にもBROTURESで人気のLEADERなどの車体に取り付けることのできる31.8mmのものもラインナップにありますので、お乗りの車種にあったものをチョイスしていただく形になります。

日本の職人の方々が作られている自転車ハンドルのパイオニア的存在のメーカーのため、品質に関しても申し分ない仕上がりとなっております。


星の数ほどあるカスタムパーツの中からどんなパーツを使えばいいかを決定するのってかなり難しいことだと思います。そんな方も本日の記事で紹介させていただいたパーツならばルックスにも性能にも満足していただけるのではないかと思います。

カスタムの自由度の高いピストバイク、そのまま乗ってももちろん楽しいかもしれないけど、どうせなら自分だけの一台を作ってみませんか?

どんなカスタムをすればいいかわからないという方も、当店にきていただければお客様のご希望に沿ったカスタムやパーツをご提案させていただけます。

ご不明点などありましたら、お気軽に当店までお問い合わせください。

 

BROTURES吉祥寺(OUTLET)
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com

↓お問い合わせはこちらをクリック↓

FOLLOW

Related Articles