ベースを下げてクオリティを上げる

LEADER®︎721TR CUSTOM BIKE

こんにちは

今日はこんな買い方もあるよって話。

 

LEADER®︎にはCURE、721、725、735と4つのモデルがあります。
エントリーモデルに当たるCURE、721
ワンランク上の中間モデル725
1番上、ハイエンドに当たる735

 

1番上の735はフレームのエアロ形状が特徴的ですよね。
アルミの素材にも拘った作りになっています。

プラス、自転車の心臓部”クランク”にVISIONのダイレクトクランクが標準で搭載されています。
クランクだけ買うなら単体約3万ほど。

スタートに申し分ないスペック。

でもクランクの違いなんてわからない。
そんなことよりとにかくかっこいいのが欲しい!!!

僕が今回オススメするのはそんな方に向けたカスタム。
標準スペックを下げて見た目とクオリティを上げる。

エントリーモデルの721をベースにカスタマイズ。
・LEADER BIKES 721TR complete bike ¥100,000(+TAX)

 

フロント&リアにBROTURESオリジナルカーボンホイール“SHRED60”をセット。

カーボンはアルミより硬く、そしてしなやか。
独特のしなり、軽くなったことによる初速の楽さ。
その変化は誰でもわかると思う。
BROTURES SHRED60 Carbon Wheel FRONT ¥50,000+TAX(REAR +¥4,000)

 

よりピストらしくトラックドロップに。
これはコストもお手頃で手の出しやすいパーツ。
LEADER®︎ Down Town Drop bar ¥8,000+TAX

 

ホリゾンタルフレームから平行に伸びる角度。
ハンドルに巻きつく形状はC260のコンセプトを継承し、
しっかりとハンドルのホールドを維持しつつ、ハンドルの交換も簡単に出来ます。
RITCHEY WCS C220 Stem ¥13,500+TAX

リーダーを購入される方には必ずオススメしたいパーツ、コグ。
理由は最初のセットがチェーンリング48T、コグ16Tの状態。
この状態、スキッドポイントが”1″なんです。
この1という数字が意味するものはスキッド時に後輪のすり減る箇所。
要するに1箇所だけがどんどんすり減っていくということ。

コグを17Tに変えるとそのすり減る箇所が17になる。
タイヤの減りがまばらになり、消耗が遅くなります。

簡単に言えば靴を1足だけで1ヶ月生活するか、17足を1ヶ月ローテーションするかの違いです。
どっちの方が長持ちするかは言わなくてもわかりますよね?

PHILWOODのコグはコスト的にも性能的にもちょうどいいので間違いないです。
また、ゆくゆくはPHILのハブを使いたいって方ならよりオススメです。
PhilWood Track Cog ¥9,800+TAX

 

僕はストラップよりトゥークリップ派。
ホールド力がストラップよりあるので走る方にはこっちの方が走りやすいと思います。
最近は海外の有名ライダーも使っていますね。
SETで¥10,000+TAXで用意しております。

 

見た目超よくないですか?
これでトータル¥227,800+TAX
735だとフロントホイールをSHRED60にするだけでこの金額超えます。

 

最後に今回のカスタムで24回無金利ローンを組むと、

こんな感じで無理なくお乗りいただきます。

あえてベースを落としてカスタムでクオリティを上げるのもアリだと僕は思います。

 

 

REN

 

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com



FOLLOW

Related Articles