遊び心を取り入れたカスタムバイクチェック。

今日はお客様にご納車しましたバイクチェック。
最初に購入されたのはLOCAL BIKES METROだったかな?
そして、もう二台目へと。

で、2台目に選んで頂きましたフレームがDOSNOVENTA
予算の兼ね合い、見た目諸々を話しながら一緒に構想を練って組み上げに至りました。

では、紹介。

DOSNOVENTA L.A Elysian Park
Frame Set ¥149,000-(+tax)

フレームカラーに合わして要所要所でカラーをいれつつ、全体的に黒で統一。
ライザーカスタムでって感じですね。
日常の通勤も考え、手組みにて軽快に走れるように。

パーツの方も見ていきましょ。

心臓部であるクランクにはSUGINO75
DOSNOVENTAってROTORやMICHEのようなエアロ系だったりが選ばれがちなんですが、見た目をシュッとさせたいという希望もあり、そして僕の好みも入って75に。

で、ホイールはAT-25 × PHILWOODの手組みを。
僕にホイール組んでもらう為に手組みを選んでくれるってのが嬉しいことこの上無しでした。
遊び心は忘れずにカラーハブを入れて、フロントはLOW、リアはHIGHフランジで。
タイヤも完全に僕のオススメタイヤTUFO CALIBRA
ピストと言えばコンチネンタル。と、僕は思ってないしスキッド感、乗り心地は本当一度試して欲しいタイヤ。

ハンドル、ステム、シートポストは安定のTHOMSONで統一。
人と被ろうともここはこれで良いんです。

ライザーにするならブレーキレバーはTRP SPYKEはオススメ。
手頃かつ引きが良くデザイン性高し。
グリップではなくバーテープを巻くのも良きですね。その方がネチャネチャ感なかったりします。

そして、シートクランプにも遊び心をってことでPHILWOODのカラーを。
こういう細かい部分のこだわりってカスタム車を組み上げる場合すごく重要視して欲しいし、個性が出る部分かと思います。


と、まぁこんな仕様にて完成。

こういったフレームから組み上げていくものってお客様の色が前面にでますし、一緒に担当させていただくスタッフでも違いが出ます。
こういったブログを読みながら自分が組みたいフレームでのパーツチョイスの参考にしてみてください。

で、こんなカスタム組む人とパーツ選びしてみたいなぁなんてスタッフがいるんならその人をめがけてお店に来てみたり問い合わせて欲しいなとか思います。
選んでもらえたスタッフは大喜びですよ。

話は変わって、この車体組んでくれましたオーナーさんが働いているご飯屋さんが堺筋本町にあります。
@stand2nd (スタンドセカンド)さん。 あとでBROTURES OSAKAのインスタの方にもタグつけしとくので興味あれば見てください。
立ちバルで肉料理メイン。
ピスト乗っているオーナーさんに今回納車された方のお二人が立ってます。
美味しいし話しやすい方達です。
良かったら皆さんも行ってみて下さい。

では。

フジ

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com



FOLLOW

Related Articles