久しぶりに乗り出す自転車、そのまま乗って大丈夫?

今年はコロナの影響もあり、電車通勤を避けて自転車通勤に切り替える人などが多いからか、自転車のメンテナンスや修理に持ってこられるお客様が目立ってまいりました。

 

中には5年ぶりくらいに自転車を引っ張り出してきたというお客様もいらっしゃるのですが、スポーツ自転車は長い間放置するとどうしてもパーツの消耗やサビなどでガタが生じていることが多いです。

 

これから自転車に乗り出したいけどこのまま乗っても良いのか不安・・・と思われている方にオススメしたいのが “オーバーホールです” 。

 

“オーバーホール” とは、お客様のお持ち込みされた自転車を一度全てバラバラにし、古くなって腐ったグリスを洗浄、サビなども極力落とし、汚れた部分などを全て綺麗に、また消耗しているパーツなどは新しいものに交換させていただき、それらのパーツでまた元の状態に組み上げて車体をリフレッシュさせることを言います。

 

 

 

ピストバイクに限らずスポーツ自転車は定期的にメンテナンスを行わないといけないデリケートな乗り物です。

例えばずっと乗っていなくて放置していた車体などは、フレーム内部に雨水が入ったりして錆びたパーツ同士が固着し外れなくなっていたりする可能性がありますし

逆に毎日乗り回している車体は、タイヤやブレーキ、チェーン、またベアリングなどのパーツが消耗して機能が低下していたり、グリスなどの油汚れが固着してなかなか取れなくなったりします。

 

しかしながら、自転車をバラバラにして細かいところまでメンテナンスを行うのは、自転車をかなり詳しく知っている方とか、家に工具が充実している人や整備できる場所がある人でないとなかなかできないものです。

 

自転車は取り外しや組み付けに専用工具を用いる部分も多いことから、なかなか一般家庭や賃貸住まいで細部までメンテナンスを行うことは容易ではありません。

 

 

 

やはり僕らスタッフも、お客様には気持ちよく自転車に乗ってもらいたいものです。

なのでBROTURESメカニックがお客様の愛車をバッチリとオーバーホール・メンテナンスをさせていただきます。

 

工賃は全体オーバーホールで税別¥20,000-

交換が必要なパーツがある場合、この金額に加えパーツ代が加算される形となっております。

 

おおまかな目安としては、毎日通勤や通学でお使いしておられる方であれば、最低でも1年に一度はオーバーホールに出していただくことをお勧めします。

 

また、「全体までしなくてもこの部分だけリフレッシュしたい」という方は、部分オーバーホールも承っています。(部分オーバーホールの工賃は当店までお問い合わせください。)

 

 

 

また、オーバーホールついでにカスタムをしたい部分があるお客様などは、カスタム工賃が含まれ無料になりますので是非オーバーホールと一緒にどうぞ。

 

これからの季節久しぶりに自転車に乗り出そうとお考えの方、また普段乗ってる愛車のリフレッシュがしたい方など、この機会に是非オーバーホールをご検討ください。

 

ご不明点などありましたら、当店までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

BROTURES吉祥寺(OUTLET)
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は download.gif です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は download-1.gif です
FOLLOW

Related Articles