記憶に残る735TRの仕上げ方。

今まで何台でしょうか。
1万台は納車したかな。
LEADER®︎のフラッグシップモデル「735TR」

今も昔も、この極太エアロ、スマートなルックスに惹かれ夜な夜な作業をしております。

そこで今日は、そんな735TRのカスタムバイクのバックナンバーを振り返ってみようと思います。
すでに乗っている方、これからご購入を考えている方。
是非とも参考にしてみてください。

まずは王道カスタム。

ドロップハンドルに3本バトン、リアはディープリム。
これがBROTURESの十八番といっても過言ではありません。
フレームの特性を最大限発揮してくれる、一押しのカスタム。

ブラックも良いけど、ホワイトもコントラストが綺麗ですね。

前後ディープリムも捨てがたく、窪塚洋介氏も同カスタムで楽しんでもらっています。

もちろん前後ディープリム、ブラックもダーティーで◎

そしてカラーシリーズ。
ランボルギーニオレンジからサンプリングしたり、ティファニーブルーからサンプリングしたり

皆さん元気にしてるかな?
かっこよかったですよ。またお店に遊び来てください、待ってます笑
自分だけの、世界に一台だけのピストバイクがオールペンで仕上がります。
BROTURES原宿はペイントに強いので、是非ともご相談ください。

そしてこれは個人的なやつ。
入社した当初、雑誌の中でしか見ていなかった人たちがLEADER®︎に乗ってくれていて
すごく嬉しかったのを覚えています。

竜さんとかKEN-Uさんやユースケさん、ステッカーチューン上手だったなー、、、

僕らの良いお手本でした!!
また一緒に走りたいですね。

こんな感じで纏めてみましたがいかがでしたか?
既存のパーツを既存のフレームにセットアップするだけではなくて
ペイントしたりステッカーチューンしたり、ピストバイクの楽しみ方は自由です。
よく「これってやったらダメですか?」というご相談を受けますが、そんなこと一切ありません!
せっかくピストバイクに乗っているんだし、乗るだけじゃなくて、造る楽しみも覚えていきましょう!

◼︎BROTURES HARAJUKU◼︎
在庫状況/ご注文のお電話はこちらをクリック
店舗へのお電話はこちらをクリック
メールはこちらをクリック

FOLLOW

Related Articles