スウィートオーバーホールストーリー

先日またオーバーホールのご依頼を受けまして。
いつでもどんなバイクでもオーバーホールは身がピッと引き締まる思いです。
今回のお相手はCARTEL BIKES AVENUE LO。
ブロ横でもファーストバイクに人気のピストです。

ただ少し様子が変。というかフォークが見たことない色してる。
よく見るとFTCとnabiisのコラボフレームのフォークじゃん。
なんでも以前に事故に遭ってしまったそうでその時にフォークが曲がってしまったとのこと。
修理をご依頼したショップさんにたまたまあったこのフォークを代わりにつけさせてもらったそうな。

これはこれで個性的で好きだけど問題はこのフォークブレーキが付けられないのよね。
これまでは競輪フレーム用のトラックブレーキを台座をかませて使っていたけどフォークの交換も含めてオーバーホールしようってことでお持ち込みいただきました。

その他にもサドルが破けてたり、タイヤやチェーンの劣化があったりと直しがいのありそうな1台。
もちろん使えるパーツは極力修理してまだまだ頑張ってもらいますよ。
良いパーツってのはこういう機会に交換しなきゃいけないってことが少ないんです。
そういう気が付いたらずっと使っているようなパーツが僕は大好き。

バラして清掃して調整が済んだら次は組み上げ。
この時にクランクなどの手間のかかるパーツをカスタムされることが多いです。
単体のカスタムだと工賃がかさむパーツもオーバーホールと一緒にご依頼いただければ追加工賃はかかりません。

こちらがAfter。
見た目の大きな変化はないかもだけどちょっぴり洗練されたような。
今回はドライブトレインを中心にアップグレードしました。

MICHEのダイレクトクランクに話題のDigiritのカーボンコグ。
まだまだEURO-ASIA信者のブロ横スタッフも最初は
「みんな良いっていうけど大袈裟なんじゃないの?」
って懐疑的だったけどこれには完敗。
悔しいけどめちゃめちゃ良いじゃん。。

フォークも新調してしっかりブレーキが付けられるようになりました。
色味も同じだし台座もいらないからこっちの方がよりスッキリしますね。

オーバーホールには十人十色のストーリーがつきものです。
それはご相談中に伺ったり、作業中に見つけたり。
逆説的にオーバーホールするってことはそれだけ乗ってる証拠。
だからオーバーホールって作業は自転車の値段とか関係なく面白いんですよね。
そのオーナーとバイクの歴史をもっと積み重ねられるようなお手伝いができれば幸いです。

toshi

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles