EQNXフレームをリーズナブルカスタムでご紹介します。

みなさん、こんばんは。

ばんだいです。

秋らしい気候で、京都はかなり観光客で賑わっています。

近々、お休みのときにでも「もみじ」と「自転車」の写真撮りに行こうかな!!

嵐山に、鞍馬。。。

いろいろ考えています。

 

さて今日紹介するのは、「EQNX

LEADER BIKES がリリースするカーボンのフレーム。

カーボンフレームはピストライダーの憧れです。

 

IMG_9675

 

LEADER BIKES EQNX カスタムバイク ¥265,868-(+tax)

 

いかかでしょうか?

まずお値段を見ていただきたい。

260,000円台で「EQNX」のフレームがGETできるんです。

しかも、今回は見た目と走り心地も追求しております。

ホイールは高級感あるポリッシュを。

機能性を高めるために、随所にいいパーツをインストール。

こうすることで、できる限り価格を抑えて、かつ性能UP!!

 

 

スクリーンショット 2014-11-05 16.25.39

 

LEADER BIKES EQNX ¥160,000-(+tax)

 

LEADER BIKES がリリースするカーボンのフレーム。

3Kカーボンを使用して、接合部分をアルミラグで仕上げております。

そもそもストリートでの使用を前提にフレーム作成をしているため、

カーボンを使用していますが、強度は半端じゃないです。

 

カーボン特有の乗り心地は乗った方だけがわかる未知の領域。

非常に滑らかであり、アルミフレームや、クロモリフレームは全く異なる走りを楽しめます。

オリンピック競技やレースなどで重宝されるのが、カーボンフレーム。

そんなフレームを是非とも!

 

それでは、パーツを!

 

IMG_9680

 

LEADER BIKES SABER BULLHORN ¥4,200-(+tax)

 

LEADER BIKESがリリースするブルホーン。

当然、LEADER BIKES のフレームなので相性はバッチリ。

しかも、このブルホーンはとにかく見た目がかっこいいんです。

かつ持ちやすい!!

それでもって、リーズナブルときたらオススメするしかありません。

 

IMG_9683

 

TIOGA TWINTAIL サドル ¥12,000-(+tax)

 

このサドルは大阪店は非常に人気です。

人気の秘訣は2つです。

1つ目は、「デザイン」。

薄いサドルであり、カラーがブラックなのでフレームとの相性もバッチリ!

2つ目は、「価格帯」。

高価なサドルが多くあるなか、12,000円とサドルの中でもリーズナブルとなっております。

そして、僕がもう1つオススメポイントを付け加えるとしたら「機能面」。

日本人のお尻との相性が良く、速く走るライダーの多くはこのサドルを使用しております。

 

IMG_9692

 

BROTURES RIP クランク ¥21,000-(+tax)

SUGINO ZEN チェーンリング 52T ¥14,100-(+tax)

 

左右のクランクアームが一体になっている

ダイレクト構造というクランク界の次世代を担う規格を採用。

ペダルを通じてかかる力をロスなく伝達する性質があるので

より快適なライドを楽しめるんです。

EQNXのようなフレームにはもってこいのクランクといえるでしょう。

性能を考えると、非常にお買い得なクランクなので、

あなたの自転車にもご検討ください。

 

そして、チェーンリングもグレードアップ。

SUGINOのチェーンリングの中でも特に人気の高い「ZEN」

精度、インパクト共に最高峰。

「見た目がかっこいいから!」という理由でご購入される方もいるほど。

 

チェーンリングをいいものに変えると何がかわるの?

いろいろあります。

ギア比も歯数が変われば変化します。

精度の高いものをチョイスすれば、チェーン離れがよくなり音への違和感も解消されるでしょう!

チェーンリングの交換は、どしどしスタッフにご相談ください。

 

IMG_9677

 

こんなにもいいフレーム、パーツを採用して260,000万円台です。

パーツは今後のカスタムで徐々にグレードを上げることができます。

フレームは、「乗せ替え」をする限りなかなかグレードアップできないんです。

ということは、はじめからいいフレームをチョイスすることは賢いことなのかもしれませんね。

 

今回もローンのシュミレーション載せますので御覧ください。

 

スクリーンショット 2014-11-05 18.57.09

2年払いのシュミレーションすると、月々12,900円になります。

是非ともご検討ください。

 

ばんだい

 

 

 

 

FOLLOW

Related Articles