最南端よりフルオーダーをインスタで。

2020.07.05
Osaka

こんにちは、鳥山です。

先日のGAZZETTAのブログは見ていただけましたでしょうか? バラ完で組んだガゼッタの事を書かせてもらったんですが、 やっぱりバラ完で組む事ほど楽しいものはないと改めて思いました。

フレームから始まりホイール、ハンドル、ステム、シートポストを止めるクランプまで選べる。 それがピストの良いところですよね。

乗り物って車もバイクも乗り出しはだいたい標準装備ですよね。 一つ一つのパーツがかなり高いから変えるのも結構気合がいる。 でもピストはそういうものに比べるとかなり手頃で、安けりゃ3,000~4,000円程でパーツはあります。

先日またインスタグラムのDMにてフルオーダーをいただきご納車致しました。 しかも今回のオーナー様のお住いは沖縄県と最南端からのご依頼。

いつもYoutube LIVEやインスタLIVEを見てくださっている方で インスタから始まった今回のオーダーは 聞けばフジモトのLOPROを見て、これいいなってなったそう。 そこからインスタグラムにてパーツの話をしたり手組みホイールの組み合わせを選んだり 幾度のやり取りを経て完成したLOPRO。

まず、めちゃくちゃかっこええやないか。

想像だけで全体像を構築していってここまでオシャレに組み上げれるのは
もはやセンスの塊ではないかと思います。


ダークなグレーのフレームを基調にブラックとレッドでまとめたこちら。
今期のLOPROオーダーの中でまじで一番じゃないかなってぐらい洒落乙。


ハブやヘッドセットなどはPHILWOODで統一。
フロントはレッド、リアはブラック。この配色の切り替え方は勉強になります。
僕も次はこのやり方で組むと決めました。笑


ハンドル周りはクラシックな細めセッティングをチョイスしてボテボテ感を払拭。
こういうスタイルが鉄フレームによく合う。
クランクも同様に往年の逸品SUGINO 75を。


こうやってみてもらえば分かるようにヘッドセット、ホイール、クランクなどの
走りに直結するところは手堅くいいものを選択し、
ハンドル、ステム、シートポストなどのルック重視の部分は手頃でコスパ優秀なやつをって感じ。


この調節ができるところ、さすがっす。
乗り味変えずにコストの膨張は避けた"ちょうどいいカスタム"
皆さんにも参考にして欲しいし僕自身も参考になる1台です。


沖縄でのピストライフ、思いっきり楽しんでください。
僕もチャリ持って沖縄に遊びに行こうかな。


REN


BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台