リム&ハブ受注会、終わり近し。

"F RIM"&"MACK HUB"受注会が間も無く終了です。

こんにちは、鳥山です。

先週末に始まった”F RIM”&”MACK HUB”の受注会も今週末の26日で終了です。
結構な数のオーダーいただき感謝いっぱいでございます。

どちらも自分の好みに合わせてかなり細かく決めれるのがやっぱり嬉しいですよね。
僕もこの二つを使って近々ホイールを前後組む予定です。
MACKは今も使っているのですでに良さは感じまくっていますがカーボンリムは初。
どんな乗り心地になるのかワクワクが止まらない状況でございます。

まだ決めかねている方やどこまで変更できるのか把握できていないって方へ
改めてそれぞれのオーダーできる部分を説明しますね。


まずはBROTURESオリジナルカーボンリム”F”から。
基本スペックはカーボンリム・インターナル仕様・クリンチャー仕様・リムハイト35mm or 55mm・ホール数20h/24h。
価格が¥45,000-(+tax)

この基本スペックで良いよって人は店頭に在庫しています。
ここからホール数・リムハイト・タイヤ規格・カーボンの模様を変更できます。
ホール数/20H,24H,28H,32H,36H
リムハイト/25mm~79mm
タイヤ規格/クリンチャー,チューブラー,チューブレスレディ
カーボン模様/3K,12K,UD
これが変更できる内容になります。

ちなみに僕の選んだリムは
FRONT/20H,REAR/24H リムハイト前後/36mm
タイヤ規格/チューブレスレディ カーボン模様/3K
といった感じです。
これが追加金一切無しってのが中々やばいですよね。笑


次はハブの方、超軽量・高回転が特徴的な
ポーランドから来たハンドメイドハブMACKの変更できるポイント。

ホール数、カラー、フランジサイズ、肉抜きの有無&肉抜き形状、アルカンシェルラインの有無。
こちらは結構細かいので直接店頭やインスタのDMでお話ししたいのですが
とにかくめちゃくちゃ選べるということはお分り頂けると思います。

形状はPHILWOODに似たような形をしたMACK HUB。
ただしその重量はPHILWOODの約半分。前後でハブ一個分の軽さって異常じゃないですか?
その理由はボディに使われているアルミが7000番台のいアルミだから。
KAGEROやDOSNOVENTAのフレームにも使われているようなやつですね。
硬さがあるおかげで強度を保ちながら薄く加工できるので、その分だけ軽くなる。

そんなMACKハブを国内で取り扱っているのっておそらくウチぐらい。
しかも直接カスタムオーダーまでできるのなんてホントBROTURESだけだと思います。
持ってて損はないハブといっていいでしょう。

どちらもこの週末26日までです。
気になる方、悩んでいる方はとりあえず連絡くれればと思います。
できる限りご要望に答えていきたいと思っておりますので。

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com



FOLLOW

Related Articles