通勤、通学の新しい形 -MATE X-

近年日本国内でも注目を集める事の多くなってきた”e-BIKE”
簡単に言うと電動アシスト自転車ですね。
今までの電動自転車だとどうしてもママチャリに大きめのバッテリーが付いて、坂道が多い場所だったり、お子様がいるママの味方のイメージがどうしても強かったですよね。

そんな電動自転車が近年、よりスタイリッシュになって、アウトドアや日常のシーンで役立つものになってきたようです。

以前からBROTURESでも取り扱いのあった”super73”もその中の1台。

super73 SG-1 完成車/¥350,000(税別)
※現在は完売の為ご予約受付中となります。

そしてデンマークコペンハーゲンに本拠地をおくMATE Bikeが開発した新しく入荷したばかりのe-BIKE”MATE X”をご紹介いたします。

MATE X 完成車/¥300,000〜

多段ギアに電動自転車のネックとなっていたバッテリーやブレーキ問題を一挙に解決したこの季節是非オススメしたい1台。

実は数日前に撮影を兼ねて山梨県の方へ車へ載せて行って参りました(その節はH様、T様ご協力ありがとう御座いました)

多くの人はアスファルトで舗装された道で使う事を想定していると思いますが折りたたみ式という事から車にも軽く積載できる事からアウトドアシーンで活躍する1台になっています。

さて、早速使ってみた感想ですが「最高に楽しい」
語彙力ないところが発揮されていますが、本当に楽しい。

悪路や坂道、はたまた浅瀬など至るところを走ってみましたが車体の持つトルク感や手元でギア比を自由に切り替え出来るので漕ぎ出しの重さやモタつきなども全く気になりませんでした。

急勾配の多い山道でそうなんですから公道などの坂道などは何も苦なく走ってくれるでしょう。

唯一あげるとなるとヘッドライトの光量が自然の夜が相手だとちょっと物足りなかったかな。

ただハンドルやシートポストなどにスペースは十分あるのでルーメンの高いライトをクランプしてあげれば申し分なし!なイメージでした。
バッテリーの持ちなども2日間かなりの距離を走破して、帰ってきた時点で残量が79%だったので日常使いにも十分耐えうる事がわかりました。

今年の5月頃から本格的に猛威をふるっているコロナウイルスの影響からか、電車やバスなどの公共の乗り物から自転車通勤などに切り替えた方が多くいらっしゃると思います。

もしくはこれから自転車通勤に切り替える事を検討されている方の一つの選択肢としてどうぞよろしくお願いいたします。
今回はご説明できませんでしたがブレーキの仕様やバッテリー容量などによってグレードがいくつかにわかれ、お値段も変動いたしますので店頭スタッフへ是非お気軽にご質問下さいませ。

それでは本日も店頭にてお待ちしております!!

↓ご問い合わせはこちらをクリック↓

FOLLOW

Related Articles