吉祥寺店収蔵作品。

2021.07.27
Kichijoji

堀米選手おめでとうございます!

どうも、スケボーは全く乗れません。ミヤです。

さて、本日は久しく店頭展示から姿を消していたあの車体を改めてご紹介。


BRIDGESTONE ANCHOR CUSTOM BIKE ¥253,000(TAX IN)


本日永い眠りから解き放たれた、ブリヂストン「アンカー」の再登場です。

チューブは福島県の銅管メーカー「KAISEI」の“8630R”

クロモリにニッケルを添加したことにより
通常のクロモリよりも硬さ、粘り、引っ張り強度が強くなっているモデル。
パイプ自体の強度が増していることで、非常に薄く仕上げることができ軽量。


その薄さ・細さなどの軽量性はこのリア三角の美しいシルエット
だけでも十二分に伝わる美しい仕上がり。(美尻)


NITTO B123DROP HANDDLE の洗練された輝きが
フレーム本来の魅力を引き立てます。

NJSフレームには、やっぱりNJSハンドル。
これ以上ないコンビネーション。
「好相性」の理論値。

実は今回はハンドル以外のパーツもかなりNJSに拘ってます。

前後ホイールとも、
ハブはご存知
SHIMANO DURA-ACE TRACK HUB HB-7600 ¥16,750(TAX IN)

「安くてもいいものはいい」
その代名詞的なアイテム。

さらにリムにはクラシカルな魅力満点のARAYA GOLD LABEL。

その見た目とは裏腹にバリバリの現役NJSパーツで、
もちろん競輪選手御用達。

もうね、ロマンがすごいのよ。

ここまできたらってことでクランクは無難にSUGINO SG75

でもここはあえて非NJS認定のブラックなんですよね〜。
こんな風にルールに縛られず好きなカラーを選べるのが
エンドユーザーのおいしい所なんです。


それにしても圧巻の黒さ。

ところでこのブリヂストン。
企業名の由来がなんだかご存知でしょうか?


直訳して「石橋」となるこのネーミングは
明治25年、創業者の石橋正二郎氏の姓からとって名付けられたんだとか。

そんな、なんとも安易かつシンプルな発想が明治日本を想起させるようで良い。
とってもノスタルジー。


日本ではその名を知らぬ人がいないほど超がつく有名企業ですが

東京駅から徒歩5分程の好立地にそびえ立つ、大型美術館「アーティゾン美術館」。
実は建て替え前まで「ブチヂストン美術館」という名前で運営していました。

美術品に大変造詣の深かった創業者、石橋正二郎氏の個人的コレクションからスタートし
若干70年の時を経た現在では、約2800点もの膨大な収蔵品を持つ
世界的に見ても非常にスケールの大きい美術館に成長。

ミヤも何度か訪れていますが、いいですよ。
まだ行ったことない方は是非。


さて、つらつらと講釈を垂れるような流れになってしまいましたが
本ブログで僕が言いたいことは


「この車体、アーティゾン美術館に収めてくれないかなあ。」


それでは。







MATE.BIKE恵比寿店、スタッフ募集中!

MATE恵比寿はこの度、店舗拡大、技術向上を念頭に置き、新たなメカニックスタッフを1名募集致します。

詳しくはコチラ

https://brotures.com/vm3n16dbw...

をご確認の上、下記住所かメール宛に履歴書をお送りくださいませ。

≪MATE恵比寿 お問合せ先≫

〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目25-7

TEL:03-6277-3987(平日11:00~18:00)

ebisu@mate-bike.jp

担当:MATE恵比寿 片田

BROTURES Kichijoji
ブローチャーズ吉祥寺

フラッグシップの原宿、横浜、そして大阪と日本のストリートバイクカルチャーを世界に発信する FIXED BIKE SHOP “BROTURES”(ブローチャーズ) 西東京エリアに初進出となる吉祥寺店は、アメリカンカジュアルをテーマに設計。日本で唯一となるピスト専門のアウトレット及び中古買い取り、販売を行う。

FEATURED PRODUCTS