つい磨きたくなる自転車

ANGELINOの人気カラーはRAWで間違いないです。が、個人的にはグロスブラックも捨てがたい。
クロモリフレームのすらっとしたシルエットにはソリッドなグロスカラーが映えるのです。

ポリッシュ系のパーツで組むならなおのこと。
フレームとパーツが相互補完的に引き立たって、雰囲気ある自転車に仕上がる。
黒と銀のシンプルな組み合わせだけど、お店に飾ってあるどの自転車よりも目を引きます。

ピカピカしたポリッシュのパーツには引力があります。
少なくとも僕は惹きつけられちゃう。一口にポリッシュといてもいろいろあるのでね。
ポリッシュが美しい代表的なブランドと行ったらPHILWOODでしょうか。

今回はホイールにスモールフランジのハブを使いました。
美しいPHILWOODのハブは一生涯使い続けられる事を目指して作られます。
丈夫でメンテも必要としない稀有なパーツ。滑らかな走り心地も癖になる。

ただ僕の中のMVP(モストヴァリュアなんとかポリッシュ)ブランドは他にあります。
それがこちらのホワイトインダストリーズ。

インスタとかブログとかではちょくちょく小出しにしてるヘッドパーツを満を持して投入。
軽くて高精度、そんで圧倒的に美しい。ブランド名を彫り込んだ仕上げの美しさは狂気じみてる。
ヘッドキャップとボルトがピタッとしてるのよ。

ホワイトと言ったら、うちで一番動くのはフリーコグだけど、ヘッドパーツとかハブとかもぜひ使ってもらいたいですね。なかなか入荷がないのがあれだけど。。

もう磨きたくなるでしょう?
どうせ長く付き合うことになる愛車だから手を汚してもキレイにしたい。
そんな自転車に乗ってもらえたら嬉しいですね。

JUNKI

BROTURES YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区山下町73-2
045-877-0974
yokohama@brotures.com
12:00~20:00

友だち追加


FOLLOW

Related Articles