逆転したサンタモニカ。

2020.12.12
Osaka

こんにちは、鳥山です。

DOSNOVENTAのニュールックももうだいぶ見慣れましたね。
それと同時に前のデザインが恋しくなっている人も多いはず。
ないものは仕方がないです。時代は前にしか進まないんですから。

しかしながら今日のブログは焦点を少し前にしたいと思います。
あるお客様のオーダーしていた車体が組み上がりましたのでその紹介を。

モデルはDOSNOVENTAのホリゾンタルフレーム"LOS ANGELES"のサンタモニカ。
でも今日のフレームはすこし通常のデザインとは異なります。
リバースカラーデザイン。そうです、デザインに対してカラーが逆になっています。

本来ならベースがブラックでロゴがサンタモニカの風景を連想させるグラデーションになっている。
でもこいつはロゴがブラックでフレーム全体がグラデーションに。
もはや別物なぐらい印象が変わります。

見る方が早いですね。こんな感じに仕上がりました。

かなりいけてますよね。
フロントは手頃な完組ですがリアは個性をだしてモランボン組みをセットしております。
HEDのベルギウムはもう公式では生産終了になり、これからどんどん希少になっていくでしょうね。

足回りは固く定評のあるOMNIUMやEURO ASIAをアッセンブル。

OMNIUMも生産終了でもう買えなくなりましたが、今でも欲しくなる安定の信頼性です。
なくなったのが惜しいと思っている人も多いはず。

EURO ASIAのGOLD MEDALは僕も使っていますがマジで音がならない。
無音のパイオニアとも言えるこちらはベースがスチールで表面にクロム加工とチタン加工の2段階構成。
安心できる強度と制度を持っているので、流行りのDIGIRITやNOVACORONAにも劣ることはないです。

ハンドル、ステム、シートポストはTHOMSONで統一。

THOMSONのカーボンライザーはカーボンなのに¥20,000+TAXと手頃。
ステムやシートポストも¥11,000+TAXなのでまとめてカスタムしてもコストがかさばらず
ルックスは大きく変えれるのでオススメのカスタムです。

ライザーバーは僕ももっぱらバーテープにする派。

FABRICのHEX DUOバーテープはラバー素材で握り心地は柔らかく
値段も¥3,500+TAXとローコストなので選ばれることの多いバーテープです。
これから生産がなくなっていくので買えるうちにストックを持っておくのも良いかも。

このキャリパーも人気、SHIMANOの105シリーズ。
JAPANブランドで安心できる設計、それでいてアンダー1万円で手に入る。
定期的にメーカー在庫がなくなる商品の1つです。
今なら店頭にブラックとシルバーが各1でございますので欲しい方は是非店頭に。

いかがでしたか。良い仕上がりになっていると思います。
おそらく大阪に1台のみだと思うので見かけたらほぼ確でこの方のやつです。
またお店に遊びに来てくださいね!

ステム:THOMSON ELITE X4 STEM ¥11,000+TAX
ハンドル:THOMSON CARBON RIZER BAR ¥20,000+TAX
シートポスト:THOMSON ELITE SEATPOST ¥11,000+TAX
コグ:EURO ASIA GOLD MEDAL TRACK COG ¥24,700+TAX
ブレーキ:SHIMANO 105 BRAKE SET ¥9,074+TAX


大阪店に実は別の限定モデルがございます。

おなじくLAですがこちらはベースがむき出しのローカラーになります。
そこに入るグリフィスの夜景のようなグラデーションが超綺麗です。

DOSNOVENTA LOS ANGELES FRAME SET ¥149,000+TAX

Lサイズが1本だけ店頭ございます。
気になる方はぜひお問い合わせください。

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台