LEADER BIKE 735 COMPLETEが新登場

LEADEE BIKEと言えば、エアロフレームを流行らせたパイオニア的存在。 6年前は、街でエアロの太いアルミフレームを見ることはほとんどありませんでした。 ピストと言えば競輪フレームの時代。 そんな中、「黒い」、「太い」、「無骨で」、「悪い」ものが突如として出現したのがこれでした。 tumblr_lidfv1cTow1qfc2hno1_500 N.Y. BMX界のドンことEdwin DelarosaがLEADER BIKEに乗っている衝撃的ニュースが世界を駆け巡りました。   そんなパイオニア的存在のリーダーバイクの7シリーズのハイエンドモデル「735」 725よりも極太ダウンチューブとタイトなホイールベース、軽量化されたチュービングが売りのこのフレームにとうとう完成車が登場。 _ (1) 2 (2) _-1 (1)LEADER BIKE 735 COMPLETE ¥170,000   フレームを軽量化するには、基本的にチューブを薄くするしかありません。 しかし、薄くしすぎると耐久性がなくなり、非常に危険な乗り物となります。 そこで、耐久性を保持しつつ、軽量化する方法はチューブに厚いところと薄いところを作るというものでした。 single_double_triple_butted この技術が採用されている735は、軽量化しつつ、ストリートライドでの耐久性を兼ね揃えた正にストリート最高のマシンなのです。 また塗装においても、通常の競輪フレーム等に使用される焼き付け塗装よりも2倍程のコストがするウレタン塗装を採用することで、原色が多く多彩なカラーリングを実現することが可能となり、 常温での塗装になるので、スチール、アルミ、カーボン等どんな素材もダメージを付けず塗装されています。 そのため、735は何とも言えぬ雰囲気、存在感、高級感をまとっています。   コンポーネントはもちろん、イタリアコンポーネントブランド最大手の「DEDA ELEMENTI」 1-2 1-6   このスペックで17万円というハイエンドバイク735。   ローンを使用すると。。。 頭金10万円で10回払いとすると、月々7,200円、分割手数料はわずか2,590円! Screen Shot 2014-12-10 at 23.40.11   現在BROTURES OSAKAでは、試乗車も用意しております。 CRETIN, CURE, 725, 735, EQNX全ての車体が試乗可能なので、是非乗り比べて違いを体感して下さい。

FOLLOW

Related Articles