来たる自転車シーズン!愛車の調子どうです?

こんにちは。
なんだか久々の雨ですね。

ここ最近は暖かい日が続いており、ようやく冬の終わりが見えてきました。
ここからは僕らのシーズン。自転車が大活躍のベストシーズンがきましたね!
是非これからの季節はどしどし乗って頂きたい!

ところでところで、自転車業界は3月、4月と気温だけではなく新生活が始まる事もあり繁忙期に入ります。
そうなると納車や修理に頂く時間がいつもより長くなってしまいます…

なので、今の季節だとスムーズにお渡しできるので、
ご車体の購入や、載せ替え、オーバーホール、手組みホイールオーダー等、
季節的に気持ちいときにお渡しができ、すぐ乗り出せるんでオススメです!

そこで本日は、オーバーホールのお話。

雨の日に乗ったりすると、跳ね上げた水や汚れが自転車の内部まで入り込み、目に見えない部分を錆びさせたり痛めたりしているってのはよくあることです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は tomswallpapers.com-18375.jpg です

雨に限らず、真夏の炎天下の中で滴った汗がパーツを錆びさせたり、長いことメンテナンスしていない車体など、
中のグリスが固まってしまったり、オイルが切れて潤滑性能が落ちていたりすることがかなり多いです。

しかし自転車をバラバラにして細かいところまでメンテナンスするって、かなり自転車のことを詳しく知っている人とか、家に工具などが充実していたり整備する場所がある人しかなかなかできないものです。

特に自転車は取り外しに専用工具を用いる箇所も多いことから、なかなか一般家庭で細部までメンテナンスすることは容易ではありません。

僕らの気持ちとしては、やはり愛車と長く付き合って頂きたい。

上記の写真のように自転車を細かい部分までバラして洗浄&グリスアップし、壊れた箇所などがあればそも部分のパーツは交換させていただき、隅々までリフレッシュ。

フレーム内に入った泥水や古いグリスなども綺麗に拭き取り、新車だった頃に近い状態までブラッシュアップします。

新たに安心して乗り出していただけるよう、入念にお客様の愛車を診させていただきます。

おおまかな目安としては、通勤・通学などで毎日自転車に乗っておられる方であれば、
最低でも1年に1度はオーバーホールしていただくことを強くオススメします。

工賃ですが

車体全体オーバーホール / 税別¥30,000-


で承らせていただいております。

また、この部分だけ調子悪いんだよ〜って方には部分オーバーホールも行えます。

この部分だけ調子悪いんだよ〜って方には部分オーバーホールも行えます。
部分OHに関しては、バラす箇所によって工賃が変わるので気になった方はスタッフまでお問い合わせください。
また、オーバーホールついでに交換したいパーツをカスタムしちゃうなんてのもOKですよ!
予約、相談等お気軽に当店までお問い合わせください。
大切な愛車、今後もずっと乗ってあげたいなとお考えの方は是非ご検討ください。

BROTURES吉祥寺(OUTLET)
0422-27-6155
kichijoji@brotures.com

FOLLOW

Related Articles