クロモリからアルミへチェンジ。

2021.02.23
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日のブログはお客様オーダーによる乗せ替えのご紹介。
いろんなカスタムをしながら楽しんだFUJIのクロモリフレーム"FEATHER"から
パキっとした乗り味のアルミ素材でパシュートフレームの"KAGERO"へ。

この変化はかなり大きいと思います。
クロモリからアルミに、ホリゾンタルからパシュートに変わるんですから。
ルックスも乗り味も新感覚になるのは間違いない。

今回は乗せ替えついでに新たにパーツを新調し、2台とも使えるようしました。
では、KAGEROのパーツチェックをしていきましょうか。

まずは乗せ替えパーツから。ホイール前後FUJI時代にカスタムしていたカーボンホイールをセット。
このリアは後々PHILWOODのPROTRACKハブを使って組み替える予定。
それが出来上がるとさらに走りやすくなりますね。

タイヤはこのタイミングでグレードアップ。VITTORIAのCORSAにしていますね。
このタイヤは側面が布のような材質になっていて柔らかく転がりのいいのが特徴。
いい意味でグニャリながら走ってくれるので地面への食いつきもいいです。

クランクも乗せ替えパーツになりますね。
MICHE PISTARD 2.0にPHILWOOD OBBをアップチャージされています。
このアルマイトの綺麗なピンクが差し色になっていてかわいい。
ここにも今回新たなアップデートが施されています。それはチェーンリング。
DIGIRITのカーボンチェーンリングにして静音性と回転の精度をあげています。

ここから新たに加わったパーツに
ハンドル、ステム、シートポストをDEDAで統一されています。
このDABARはずーっと人気ですよね。僕も最近気になりだしているブルホーン。
ブレーキレバーをTTタイプにすることで中央部をスッキリさせています。

細かなところまで拘られています。ヘッドセットにはCHRIS KINGのDROPSET2を搭載。
フレームのダークシルバーに合わせてマットグレーをチョイス。スペーサーまでクリキンなのがいいですね。
ブレーキキャリパーはSHIMANOのULTEGRAに。
このめちゃくちゃ黒でもなく、かといってガチッとした雰囲気もある。
マット仕上げなところもイケてますよね。安心のジャパニーズブランドです。

いかがでしたか。
これからホイールとコグも交換予定なので、また違いを楽しめていいですね。
またメンテナンスもお待ちしていますね。

フレーム:TYRANT BIKES KAGERO FRAME SET ¥120,000+TAX
ハンドル:DEDA DABAR CARBON BULLHORN ¥22,600+TAX
チェーンリング:DIGIRIT CARBON CHAINRING ¥20,800+TAX~
ヘッドセット:CHRIS KING DROPSET 2 ¥19,000+TAX

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台