もう一つの新色"MUTANT"

2021.03.03
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日は最近入ってきたAFFINITY LOPROのもう一つのニューカラー"MUTANT BLUE"の紹介。
先日紹介したSNOW WHITEとは打って変わってAFFINITYらしいド派手なフレームカラー。
これがアメリカって感じがして個人的にも好きな配色です。

せっかく派手なフレーム、ただ普通に組んでも面白くないでしょ。
ってことで僕はこういう感じに仕上げました。

よりアングラな感じに。差し色としてガンメタとパープルを入れてみました。
こういうのが好きな人には超絶ハマるんですよね。

まずはクランクから見ていきましょうか。
これはAFFINITYがオリジナルで発売したクランクセットになります。
シルバーとガンメタの2色展開となっております。オリジナルなんだから似合うのは当たり前ですね。
チェーンリングの歯数もかなり多く用意してくれているので好きなギア比をゲットしてください。

クランクのガンメタに合わせてヘッドセットもガンメタに。
PHILWOODのヘッドセットは無駄な主張がなく、どんなフレームにもハマるのでオススメ。
精度ももちろん安心できるパーツとなっているので、色遊びしたいならこれかクリキンの2択ですね。
好きな色で選ぶのがベターかと思います。

ホイールはフロントにH PLUS SONのSL-42とPHILWOODのハイフランジハブの手組みを。
PHILWOODのコンポーネントは本当にどれも綺麗な色をしています。
この組み合わせのホイールはトリックライダーのAYUMUも使っている物になりますね。

軽量化などは抜きにして耐久性の高さを重視したこのハブは圧倒的な信頼性を持っています。
1セットは持っていて損のないパーツの一つです。

ハンドル、ステムはDEDAで攻め攻めなスタイルに。
20°という角度のDEDAPISTAにCRONONAROのLOW RIDERはもう攻めの姿勢でしかない。
尖ったフレームにはとことん尖っていただきたい。
それが乗り辛かろうが関係ないです。それはもうロマンみたいなもんですから。

いかがでしたか。
SNOW WHITEでおしとやかにカスタムした分、MUTANT BLUEは個性出しまくりな感じで。
結局こういうのがピストらしくてかっこいいんですよね。
差し色でお悩みの方はとりあえず僕にご相談ください。あなた以上に考えまくるので。

フレーム:AFFINITY CYCLES LOPRO FRAME SET ¥89,000+TAX
ヘッドセット:PHILWOOD 1INCH HEAD SET ¥22,800+TAX
ハンドル:DEDA CRONONERO LOW RIDER ¥6,000+TAX
ステム:DEDA PISTA STEM ¥9,400+TAX
リム:H PLUS SON SL-42 ¥11,000+TAX
ハブ:PHILWOOD TRACK HUB ¥30,800+TAX
クランク:AFFINITY CYCLES ORIGINAL CRANNK SET ¥27,800+TAX

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台