こだわりのTUTTO "NOT GREY"

2021.03.05
Osaka

こんにちは、鳥山です。

本日のブログはCINELLIのもう一つの顔"TUTTO"が先日納車されたので
その紹介をしながら、TUTTO自体のご紹介をしていきたいと思います。

TUTTOとは世に言うトラックフレームというより、オフロードだったり街乗りだったり
もっと万能に遊んでいけるようなモデルになっています。
おそらくCINELLIの完成車の中で一番の人気モデルだと思います。

フレーム材料はオールクロモリで、Vブレーキやカンチブレーキに対応した設計。
タイヤクリアランスも広く32Cとかは余裕で履けちゃうのでグラベルなどにも使われていますね。
フレームにはダボ穴も搭載しているので、ラックなど付けてまったり街乗り仕様にもできる。

もともとはMASH WORKの後継種として生まれたモデルで
それを更にレベルアップした物と言うこともあり人気が高いんだと思います。

そんなTUTTO、完成車は今の所ほぼほぼ完売という状況です。
ですがフレーム単体での販売も用意してくれていて、そちらならまだサイズが選べます。
現行のダイアモンド&ラストに加えて一つ前のカラー"ノットグレー"も実はあるんです。
サイズは一番人気のMサイズがございますので選べる人は多いはず。
探している方はぜひお問い合わせください。

てな訳でそのノットグレーをカスタムオーダーされたお客様バイクをチェックしていきましょう。
かなり良い感じに仕上がっていて、かっこいいなって思うカスタムとなりました。
この方は普段ロードバイクでロングライドされているので、こっちは楽に乗る仕様にしております。

ホイールは前後BROTURESオリジナルのカーボンホイールをセット。
フロントはT3バトンホイールで、リアにはFリムを使った手組みホイールで剛性アップ。
55mmハイトでフロントとのバランスも図っているのですごく収まりいいです。

ハンドル、ステム、シートポストはCINELLIに合わせてヨーロッパブランドDEDAをチョイス。
ハンドル幅、ステム長はロードバイクと同じに合わせていつものポジションが出せるようになっています。
ブラケットレバーにするあたりもローディの感覚が出ていますね。

こだわりポイントであるスモールパーツ。
CHRIS KINGのヘッドセットは生産終了した限定カラーのパープルに。
フレームデザインにもパープルが入っているのでよくハマっています。

コグにはWHITE INDUSTRIESのNEOフリーコグに。
精度の高さと回すといい音の鳴るこのフリーコグはこだわる方にしかわからない良さがあります。

いかがでしたか。
こういう組み方をしてもかっこよくなるTUTTOはやっぱりいいですね。
遊びがいのあるフレームは長く使えるのでオススメのフレームになります。
いろんな組み方ができるので、ぜひご相談ください。

フレーム:CINELLI TUTTO FRAME SET ¥90,000+TAX
ヘッドセット:CHRIS KING NTS 1-1/8 ¥22,000+TAX
ホイール(フロント):BROTURES T3 CARBON WHEEL ¥90,000+TAX
リム(リア):BROTURES F-55 CARBON RIM ¥45,000+TAX
ハブ(リア):DT-SWISS TRACK HUB ¥13,600+TAX
ハンドル:DEDA SUPERZERO DROP BAR ¥12,500+TAX
ステム:DEDA ZERO100 STEM ¥9,600+TAX
シートポスト:DEDA ZERO100 SEATPOST ¥7,800+TAX
サドル:FABRIC SCOOP SHALLOW SADDLE ¥13,000+TAX
クランク:BROTURES RIP CRANK SET ¥24,000+TAX
コグ:WHITE INDUSTRIES ENO FREE COG ¥12,980+TAX
ブレーキレバー:SRAM S500 BRAKE LEVER ¥9,030+TAX

REN

BROTURES OSAKA
大阪市西区南堀江1-19-22
06-4391-3313
osaka@brotures.com


BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台