フォークをグレードアップ??

2015.02.09
Osaka

みなさん、こんにちは。

ばんだいです。

今日はカスタムのご提案を!

最近カスタムされるお客様が非常に多いです。

見た目がガラリと変わる「ホイール」

乗り心地が変わる「サドル」や「ハンドル」

踏み心地の変わる「クランク」

いろいろと人気です。

今日提案するのは、そんなところではありません。

ファーカスを当てたのは、「フォーク」

スクリーンショット 2015-02-08 18.47.40

水色の部位がフォークです!

では、フォークをカスタム。すなわちグレードアップって具体的になにするん?

そう思う方も多いのでは?

多くのお客様に愛用されているLEADER BIKES。

その中でも、725TRや、735TRは非常に人気です。

コンプリートバイクに標準でついているフォークはこちらになります。

IMG_1934

LEADER BIKES I805TR ¥24,000-(+tax)

コラムがアルミになっており、その回りをカーボンで加工しております。

現在主流となっているフォークです。

そしてこのフォークをどうカスタムするかと言うと。。。。

IMG_1932

LEADER BIKES I806TR ¥38,000-(+tax)

どどーん。

何が変わったかわかりますか?

こちらのフォークは、「フルカーボン」タイプ。

アルミカーボンとフルカーボンの違いは??

まずは重さ!!

IMG_1929

アルミカーボンは670gとのこと。

IMG_1930

フルカーボンは340gです。

むむ!!!

なんと330gも違うんです!!

こんなにも重量に差が生まれるパーツは他にないと思います。

フォークが軽くなることで、フロント部分は軽くなり自転車の操作性が向上します。

ハンドリングの向上は非常に大事。

また、フルカーボンにすることで乗り心地も変わります。

カーボンは振動吸収性に優れているので、乗り心地が非常に滑らかになります。

LEADER BIKES 以外にもフォークのカスタム相談を受けております。

最近でしたら、「ENVE」などのフォークも注目度が高いです。

IMG_99291

「もうカスタムするとこないなあ。」

「つぎどんなカスタムしようかな」

お悩みのお客様!!

フォークのグレードアップオススメですよ!!

お待ちしております。

BROTURES Osaka
ブローチャーズ大阪

日本初となるピストバイク専門大型ショップが、大阪の南堀江にOPEN。 アメリカンファクトリーをテーマに設計された2Fには、オーダーバイクを作成するエリアや、カスタムを楽しむフロアとなる。 ”BIKE SHOWROOM”と名付けられた3Fには、厳選した世界のピストバイクを100台