DAICHI君の GATTERBALL ガーターボール カスタム

ライザーバーをお使いの皆さま
乗りすぎると同じところの筋肉がツルことありませんか?
それはいつも同じ筋肉を使っているから
また、ライザーバーに慣れすぎて
少しモチベーションが下がっている方
そんな皆様の悩みを解消するのがステムとハンドルを変えることです
今回はハンドルを変えてみました
$Jah Life
ドロップやブルホーンはどこを持つかによって
身体のポジションが変えられます
持つ位置が変わると使い筋肉も違ってきます
ドロップの場合は、持つところが3か所ほどあります。
根元
中間部分の落ちているところ
一番先っちょ
一番先っちょは誰かを笑わせるときくらいしか使いませんが、w
他の2か所は結構持つ意味を使い分けられます。
持つ場所が一つだけのライザーバーでは
足が疲れた時
もうどうしようもありませんが、
ドロップだと
筋肉を使い分けられる
まぁ御託を並べるのはここまでにして
言いたいのは
「男なら黙ってドロップ」でしょ?
ということです。

FOLLOW

Related Articles