CINELLI vol,2 "Gazzetta"

前回のCINELLI PARALLAXブログに続き、今回のvol,2はBROTURESでは珍しいクロモリフレームのGazzetta

IMG_8161

HISTOGRAMやPARALLAX等と同じく、こちらのGAZZETTAも世界的に有名なチューブカンパニー「COLUMBUS」のチューブを使用しています。

IMG_8160

Columbus-Rohre_1988

皆さんも一度はこの鳥のマークを見たことがあるでしょう!

実やフェラーリなどのスポーツカーのフレームにも使用されている程の由緒正しきカンパニー。

エアロ形状のマックスや、ハイエンドパイプの代表格としてみんなの憧れSLX、その他にもHistogramやParallaxのエアプレーンなど自転車界では有名な素材が多数。

 

一言で「アルミ」「クロモリ」と言っても、その素材は様々。

自分の乗っている自転車がどんな素材か探ってみるのも楽しみの一つかもしれませんね。

 

例えば725TR、735TRに使われている6061番のアルミ合金

KY_OCT5_6-resized

僅かに銅が混ぜられた強度の強い素材

この6061番の素材はフレームを始め多くの自転車ブランドで使用されています。

eb9605685422f457a1bafb315eb78c83

溶接が難しいとされているアルミを綺麗にスムージングしてる所がLEADER BIKEの魅力だったりします。

 

と、、、

話はまたしても逸れましたが、まずはGAZZETTAの全貌から御覧ください。

IMG_8145

CINELLI GAZZETTA CUSTOM ¥194,341

いつもハイエンドな価格帯のバイクしかあげていませんでしたが、このくらいの価格でもしっかりと良い物、かっこいい物が作れます。

 

まずはやはりホイール。

前後に入れたH PLUS SON ARCHTYPEのリムはなんと45ogというカーボンリムと同等の驚異的な軽さ。

IMG_8146

H PLUS SON ARCHTYPE ¥7,000+tax

メーカーから聞いた話ですが、海外でH PLUS SONの代理店を行っているBLBいわく、ヨーロッパで月に3000本も出ているそうです。

恐るべきARCHTYPE、、、

インスタなどの画像を見ても分かる通り、海外ライダーの多くはこのARCHTYPEを使用している事が多いそうです。

IMG_8147

それに合わせるハブはリーズナブルかつ、ウン万円するハブに匹敵するほどの性能を持つCYCROCのハブ。

IMG_8149

CYCROC LARGE FLANGE HUB[F]¥5,250 [R]¥5,250

スタッフ間では「ちょっと安すぎじゃない?」と思わざる負えないほどのハブです。笑

よく回るのに精度も良い。そしてカラーバリエーションも豊富です。

IMG_5137

BLUE

IMG_5117

YELLOW

IMG_5130

GREY

その他GREEN等もあります。天気も良くなってきたことだし、色鮮やかなカラーハブでカスタムしてみてはいかがでしょうか?

 

そしてコンポーネントに移ります。

まずはフォークとハンドルをつなぎ合わせるパーツ”ステム”

IMG_8151

CINELLI×MASH STEM ¥14,000

またしてもトップチューブとステムの角度をフラットでまとめてみました。

この角度に加えカラーはBLACKとSILVER、長さは90mm、100mm、110mmと3パターンから選べるところが◎

ステムはポジショニングを設定するのにとても重要なパーツなので、スタッフと話し合って慎重に選んでみてください。

IMG_8152

そしてそんなCINELLI×MASHのステムに合わせるハンドルは、恐らくブログで初登場であろう、NITTOのオーバーサイズのブルホーン。

IMG_8154

NITTO RB018 BULLHORN ¥7,000

NITTOシリーズでは珍しい、クランプ経31.8mmのブルホーン。

RB021ブルホーンはシムも入れなきゃいけないし、なんかハンドルだけ細くなっちゃうし、、、

このハンドルは太さも日本人の手に馴染みやすいような設計なので、ライド時のストレスも軽減されます。

 

そして今回、細身のクラシカルなフレームということで、BROOKSのレザーサドルを入れてみました。

IMG_8155

BROOKS SADDLE SWIFT CHROME ¥19,000

レース用にサイドをカットした、マウンテンバイクやロードバイクにも流用できる人気サドル。

正直BROOKSのサドルは10年使ってもダメにならないような丈夫な革を使っているので、最初の一ヶ月は忍耐が必要となります、、、。

けどしっかり手入れをして、一ヶ月もすれば他では味わえないような、まるで自分のために設計されたんじゃないか、と疑ってしまうほどのすわり心地が実現します。

一生モノの自転車だからこそ、選ぶパーツも一生愛してやれるモノを選びたいですね。

 

そして足元にはやはりBROTURES RIP CRANKです。毎回同じですが、やっつけではありませんからね!笑

IMG_8156

BROTURES RIP CRANK ¥21,000

なんでまたRIPなの!?と思われてそうですが、、、

性能などはいつも話してるので省きます。

このGAZZETTA、歯数49T×17T=2.88の黄金ギア比でクリアランスがこんな事になっちゃうんです。

IMG_8157

約2cm、、、

自分は組む上でここのクリアランスと、前途でお話したステム&トップチューブの角度を気にします。

今度のブログでここのクリアランスを埋めるとどういったメリットがあるのか、お話させていただきたいと思います。

 

 

IMG_8159

IMG_8162

フレームに施されたロゴなども、細かい所まで芸がありカスタムせずともかっこいい1台が作れてしまいます。

何を隠そう、自分が一番最初にほしいと思ったフレームがGAZZETTAだから、なぜか愛着が湧いてしまうんです。笑

 

では先週から立て続けにご紹介させていただいたCinelliのカスタム車を一挙にご紹介。

IMG_8116

CINELLI×MASH PARALLAX VS HED CUSTOM

IMG_7950

CINELLI×MASH HISTOGRAM CUSTOM

IMG_8145

CINELLI GAZZETTA CUSTOM

 

どの車体も頭金¥0、月々携帯代よりも安く自転車が買えちゃうJACCSローンも対応できます。

コレ!!と思った車体があったら、是非お問い合わせ下さい。

 

BROTURES HARAJUKU

03-6804-3115

harajuku@brotures.com

 

YUSUKE

FOLLOW

Related Articles