意外とカスタムしてない例のアノ部分。

こんにちは!

 

今日は朝から雪がスゴかったですが、もう雨になってほとんど雪が消えてしまいましたね。

 

雨がやめば自転車に乗れそうです。

 

自転車に乗れると言えば明後日の2/1(土)はBROTURES KICHIJOJIの初Group Rideがあります!

 

集合はBROTURES KICHIJOJIに20:00、20:30には出発予定です。

詳細は コチラ をクリック!

 

YOKOHAMAからは自分ADATCHと店長JUNKIさんが参加予定です。

その為、明後日のBROTURES YOKOHAMAの営業時間は19:00までです。

宜しくお願いします!

 

さて、今日はタイトル通り「意外とカスタムしていない例のアノ部分」のブログです!

 

 

意外とカスタムしていない例のアノ部分。。

 

そこはココです。

 

IMG_0170

 

そう。フォークです!!

 

LEADER BIKESのラインナップには

 

・アルミ&カーボンフォークの I805TR

・フルカーボンフォークのI806TR

 

の2種類があります!

 

725TRや、735TRのコンプリートバイクにインストールされているのは 「I805TR」のアルミ&カーボンフォーク。

 

ld-fork-i805tr-matte_copy

 

 

そのワンランク上のフォークが 「I806TR」のフルカーボンフォーク。

自分もこのフルカーボンフォークを使用しています!

i806tr-matte

I806TR FullCarbon Fork ¥38,000 (+tax)

 

 

I805TRのアルミカーボンは496g

 

フルカーボンI806TRは320g

 

このフォークだけで186gも違います!!

 

この重量の差はサドルとかで生み出そうとすると、FizikのArione STD Kium→ARIONE 00とかにしないと生み出せない重量差。

 

サドルで生み出そうとするとお金が差額で35000ぐらい必要になります。

 

 

もしカスタムで始めに購入する時にフルカーボンフォークにすれば差額は14000ぐらいでこの重量差を稼げます。

 

フロントが軽くなれば上り坂ももっともっと楽になりますよ!!

 

是非この機会に!!

 

ADATCH

 

FOLLOW

Related Articles