OMNIUMユーザー必見!!SRAM Black Box入荷

スクリーンショット 2014-07-14 18.47.07

SRAM Black Box BB ¥28,000(+tax) 原宿にも珍しいアイテムが入荷しました。

その名も”Black Box”

OMNIUM等の規格に準じたGXP規格で、ベアリングはなんとセラミック、、、!!

ピストバイク以外にもマウンテンバイクやロードバイクライダーからも絶大な支持を集めるSRAM

 

実は自転車に底まで興味を持たない方でも名前は聞いたことあるであろうツール・ド・フランスやオリンピックの競技など

国際的な大会でも数多く使用されている実績を持つ、世界最高峰ブランド。

 

そのSRAMからシールテクノロジーという新たなプロダクトを携えたNew Itemが原宿店に入荷しました。

このシールテクノロジーとは、シールドベアリングのカバーに溝を与えて、高い密閉性を実現し回転性能を格段と向上させたテクノロジー。

 

そしてこちらはセラミックベアリングを内蔵しているので、ピストバイクの激しいライドにも耐えられる強度も実現。

presentation 758

ちょっとこの黒い球体がセラミックベアリングの証です。

スケートとかやっている方ならその効果はなんとなくわかって頂けるかと思いますが、一言で”セラミックは良い”と言っても?ですよね。

 

まずこの小さい球体がBBの中で高回転し続けると、当然摩擦が生まれます。そこで発生するのが「熱」

この熱を帯びたまま回し続けてしまうと、この細かいベアリングが膨張して、変形してしまったベアリングは精度が格段と悪くなり玉当たりがキツくなります。

 

もちろん高価なベアリングによっては熱膨張を見越したクリアランスを確保していたり、逆に熱膨張することにより回転性能が良くなるベアリングも存在するとかしないとか、、、

とは言ってもそんなの気にしながら乗っていたくない。というのが正直なところです!笑

 

そこでその”熱膨張”をしないのがセラミックベアリング。

先程申し上げたように、熱膨張を見越したクリアランスを確保したベアリングは、もちろんそのクリアランスのせいで密な精度が発揮できていません。

でもこのセラミックはそんな心配をせずに精製出来るので、ギリギリまでベアリングのカートリッジ内で高密度の精度が実現します。

更には硬度もかなり高いので拘る人の中にはベアリングやオイルを抜いて走っている人もいるみたいです。

 

このように通常のスチールよりも高い密度を誇るセラミックベアリングだから、回転性も耐久性も良いのではないか、と言われています。

 

一般論を述べてみましたけど、まだまだ自分も勉強不足なので次回のタイミングまでに勉強しておきます!笑

 

そしてこのSRAM Black Box、一つだけの入荷になりますのでOMNIUMを使用されている方は今すぐお問い合わせ下さい。

 

BROTURES HARAJUKU

03-6804-3115

harajuku@brotures.com

 

YUSUKE

 

 

 

FOLLOW

Related Articles